不思議なお便り

今日の「恵子の郵便ポスト」のお便りは、なにかとっても不思議な魅力のあるお便りです。

僕は重症な統合失調症の患者で、思考障害、言語障害があります。
お薬をのみながら、ひとり暮らしをしております。

そう書き始められ、幼い頃からずっと暴力、暴言、恐喝にあい、「険しい人生を通ってきた」ことが綴られています。

でも、このかたのお便り、ふ〜っと肩の力が抜けるような、心に温かいものが流れてくるような、不思議ななにかを感じるのです。

番組を聴く>>