7分、耐え忍んでください!

「短い説教と長い説教、どちらを聞きたいですか?」
と聞かれたら、私を含め大半のかたは前者を選ぶのではないでしょうか。

実はこの10月から、たった7分で説教が聞ける、なんともありがたい番組が始まるのです。
「朗読『この日言葉をかの日に伝え―W.リュティ小説教一日一章』」

既に天に召されたスイスの牧師の説教を聞けるというのは、朗読番組ならでは。
しかも7分なら最後まで集中して聞けそうですよね。

ところがこの説教、予想に反して、実に聞きにくいのです。
慰めや温かさを感じる説教とは違います。

現代では滅多に口にすることのない食べにくい固い食べ物のように。
でもどうか、食べず嫌いを言わずに口にしてみてください。
少しづつでもいいですから。7分間、よくかみ砕いて。

み言葉を聞く。それは、神の言葉を味わうこと。
噛めば噛むほど、今日あなたを生かす命の糧になる、そんな番組をぜひお聞きください。

朗読『この日言葉をかの日に伝え―W.リュティ小説教一日一章』は10月8日(土)スタート、毎週土曜更新です。

ここ3週に渡ってお送りしてきた、FEBCスタッフによる新番組のオススメ、いかがでしたでしょうか?
ぜひ番組をお聴きになってのご感想など、コメントをお寄せください。お待ちしています。