教会の奉仕

「教会の奉仕に疲れた」
「奉仕をやめたい」

そういったお便りが寄せられることがあります。
ヘトヘトに疲れ果てて、やめたいと思いながら奉仕を続けるのは、ただただ辛いだけで、教会に行くのも嫌になってしまうかもしれませんね。
教会は、奉仕をするために行くところではないと思います。

同時に、奉仕をしてくださるかたがいることで助けられていることもたくさんあります。
たとえば、教会学校があったから、教会に来て、イエス様と出会えたというかたもいらっしゃると思います。
礼拝も、教会での結婚式や葬儀も、奉仕してくださるかたが必要です。

だからこそ、一度奉仕を引き受けると、重要な役であればあるほどやめにくいという現実もあるのかもしれません。

そんな時、いえ、本当はいつでも、私たちが見失ってはならない、ただひとつのこと。
それはやっぱり、イエス様というおかたなのだと、
今回の「恵子の郵便ポスト」の声のお返事を聴きながら思いました。

イエス様をしょっちゅう見失いっぱなしの私ですが、
イエス様はいつでも、私の奉仕ではなくて、私自身を必要としておられることを、
何度見失っても、また見出し続けていくことができますように。

奉仕をやめたくなる、その理由やご事情は様々ですので、「こうするのが正解」という一つの答えは出せないように思います。
ただ、私たち自身を必要としてくださるイエス様を見出し、イエス様のもとで疲れが癒やされますように。

放送を聴く>>

“教会の奉仕” への30件の返信

  1. 私は理系ですが

    11月25日の小林和夫先生の「まことの目撃~ルカによる福音書」で、マルタとマリアのお話(接待に対する苦言)の箇所で、小林先生が教会での奉仕に関連させてお話しになられたのが非常に印象的でした。
     
    私自身、この箇所をそういう観点から読んだことはありませんでしたので、ある意味、目からウロコでした。ありがとうございます。
     
    私たちも奉仕で忙しくしていると、忙しくしてない(サボっているように見える)他の信徒に対して不平不満を言ってしまうそういう弱さがあるけれど、そういう時はイエス様を見失っていないかということに気づきたいと思いました。
     
    私たちの側にある「マルタ性」「マリア性」という発想もおもしろかったです。

  2. 岡田豊二

    【追伸】-繋がれ!宇宙-
     私の内に宇宙(祈り)が在る
     あなたの内に‥ 彼方の内にも‥ 
     主にあって、繋がれ! もっともっと広がれ!

  3. 岡田豊二

    【祈り=ダイレクトコール】-アバ、おとうちゃん連れてって~-
     「†FEBCを祈りで支える会」を見つけて速攻!お電話してしまいました。

     「(不自由な)私にも出来る奉仕って何でしょうか‥?」
    朝からず~っと祈っていたら、
    『私に委ねなさい‥』と、神様の御声が聞こえた気が致しました。
    「アバ、おとうちゃん連れてって~!」と主の名を呼びました。
    そしたら‥、‥、‥!

    神様って、いつでもダイレクトコールが出来るんですね! o(^o^)o

  4. 篠田美惠子

    吉崎恵子さま
    こんばんは。11月8日の毎月便を聴いてましたら、なんと駅ホームでの出会いを話して下さっていて、再び感激に慕っていました。神様のプレゼント。本当にそう思います。日曜日の同じような時間帯に吉崎さんの姿を探すのですが、僅かな時間のずれが出会いを妨げる?人との出会いは神様のご計画。この世の最終章を生きつつある私の心境です。吉崎さんとの出会いにより、febcの放送が、信仰の学び、成長になくてはならない大切な拠り所になっていること確信しています。いつかまた、神様がプレゼントをして下さいますように。とお祈りしました。
    寒さが厳しくなってまいりました。くれぐれもご自愛下さいませ。

    • 岡田豊二

       清々(すがすが)しぃ秋の朝
       水面に一滴(ひとしずく) 「神様のプレゼント」‥
       波紋の如くに広がれかし 染み渡るひとの祈りと願い

      • 岡田豊二

        【改】
         清々(すがすが)しぃ実り(奉仕)の朝
         水面に一滴(ひとしずく) 「神様のプレゼント」‥
         波紋の如くに広がれかし 染み渡るひとの祈りと願い

        -言いワケ-
         『この世の最終章を生きつつある私』‥と云うお言葉に、つぃ私の身勝手で、母を思って胸が熱くなり、どぅしても、“晩秋”とも“初冬”とも書けませんでした。そこで実りの“秋”を想っての事だったのですが、上のように書き改めた方が、篠田美惠子さんの想いに沿っているような気が致しました。(何れにしても‘独り善がり’の為せる業。お赦し下さい。)

    • タクさん

      篠田 美恵子 様 初めまして (^o^) へぇ~ あの放送の主 って 貴女様 だったの ですかぁ~。イヤー 吉崎 恵子 先生との 出逢い よろしかった デスネェ~ \(^o^)/   篠田 美恵子 様 今後とも どうぞ 宜しくお願い 致します。 それでは ご機嫌 ヨロシュー

  5. 岡田豊二

    【更に、もぅひとつ追伸】-仕えるとは思い通りに‘しない’こと-
     そもそも、もし私の思い通りになれば、それは最早「仕える」ことではなくなってしまっているのではないか?‥と感じたりも致します。強要してしまったり押し売りしてしまった‥、或いは逆に仕えて貰ったのではないのか‥?
     但し、奉仕は、いわゆるお客様(ひと)に仕える事、「仕事」でもありません。イエスの御心を訊ねて神様に「仕え奉る」犠牲‥。私たちが注ぐ贖いもさることながら、共にイエスが私たちの為に注いで下さった贖いこそが、時が充ちれば、思いもよらぬところ(神の国)にある、もっともっと素適な喜びと実り(神の義)に至らせて下さるのではないでしょうか?

     神様のご計画‥。主にこそ期待致します。
     主が私たち一人一人に求めておられることを教え、導いて下さい。
     また、それを私たちが素直に感謝して受け取れますように‥。アーメン!

     ※高次脳機能障害でもある私は、思考を切り換えることが苦手です。
      自覚はあるのですが難しぃ‥。どぅかお赦し下さい。 >ALL

  6. タクさん

    岡田 豊二さん 初めまして  イヤー 貴方様 えぇ~ キャラ でんなぁ~ \(^o^)/ あぁ~ よな子さん の(夜な夜な話)に [いらっしゃ~い] う~ん(夜な夜な話)向き の えぇ~ キャラ でっせ~ \(^o^)/ と 言う~ ことで、どうぞ ヨロシュー (^o^)

    • 岡田豊二

       タクさん、初めまして‥! 恵みが沢山? (。o・)☆\バキッ
       私は旋盤知らないですけど‥、イィのかなぁ~? φ(;゚゚)ヾ(^^;
       入院したりしている間に 『よな子さんの(夜な夜な話)』を見失って「どこ行ったんやろぉー」ヽ(。_゚)ノ?になってました。メニューから改めて発見!ヨカッタ、ヨカッタ‥ (^o^//〃<ブログ発言の仕方も知らない人
       今日のホームに『「真面目な人」と思われないように?』ってありましたけど、私は幼い頃から「‘クソ’真面目なヤツ」と云われ続けて‘気にせず’やってきました。…ってことは本性は余り真面目じゃなぃのでしょう。こんなアタシで宜しければお婿さんに行きます。 (^o^)/~~
       f(~_~;)ぢつは左手足が不自由でして、視覚障害もあり、ポチポチ右手だけでキーボードを打って発言してます。気長ぁ~にお待ち戴ければ‥と願います。m(_._;)m 宜しくお願い致します! 有り難う御座いました。
       ちなみに本名で発言してしまっているのは本意にあらず、初めに間違えてUpしてしまい「まぁエェっか!隠す程の者でもないし‥」って投げやりで今に至っています。家も(身体障害で)散らかったまま片付かない貧乏人で、むしろ「何でも持って行けるものなら持ってけけドロボー!」な状態なんですョ~。17種類もの服薬の副作用もあり、いつ落ちるか分かりませんョ~!(笑)

  7. 岡田豊二

    【もぅ~うるさい?!追伸】-人呼んで「ナンチャッテのお菊さん」-
     少し話が逸れるようですが‥。
     私は幸いなことに、今年から、経験20年の素晴らしい訪問看護士さん(作業療法士でもありカウンセラーでもあるそうです‥)に出逢えて、月2回お世話になっているのですが、毎回新たなことを教わり感謝しています。…それらの中で2つ、皆様と分かち合いたいことがあります。

     ひとつは「サポートって何でしょう?」と私が問うと、『それは(出来るひとが出来ないひとを助けると云うのではなく)弱さをもった互いが‘支え合う’と云うことだと思うのですけどネ‥』とお応えになられたことです。
     素晴らしぃでしょ! o(^o^)o クリスチャンよりクリスチャンらしぃ‥かも?

     そしてふたつ目は「(訪問先には)いろんな方々が居られるのでしょうね?」と私が訊ねると、『…そぅですねぇ、先日も怒鳴られちゃぃましたぁ~』とお応えになり、私が重ねて「そんな時はどんなふうにお応えになるのですか?」と訊ねると、『それだけお辛いのだなぁ~と受け止めて、より寄り添うように努めます』とお応えになられました。
     …ねっ、ねっ!素晴らしぃでしょ! o(^o^)o 本当に、クリスチャンよりクリスチャンらしぃ~!!?

     障害者(弱き者)が、時に健常者(一般人)よりも強く感じる事があります。他者からの支援を堂々と素直に感謝して受け容れられる強さです。

     ところで、この世に(障害のない)健常者って、本当に存在するのでしょうか?
     さて‥では、クリスチャンって健常者? それとも障害者?

     神様、どぅか‥私も「罪人」であることを忘れずに居られますように‥。
     アーメン

  8. 岡田豊二

    【またまた追伸】-‘ヤツ’も我を張っている-
     教会の奉仕活動にチグハグな不協和音を感じる時、何か重苦しく感じる時、誰か(=ヤツ)が妙に頑張って(我を張って)、御心(神の義)を訊ねるのを忘れ、人の義を先に求めてしまっている‥ことに気付かされる時がしばしばあります。

     (…ところで、‘ヤツ’って実は、私自身だったりも致します。)

     神様がひとを創造して休まれたように、ひとに与えられた一週間が安息日で始まるのも『充分な休息と平安、そして希望を‘先ず’神様から戴く必要があるからだ‥』と仰っているように思うのです。神様は『‘先ず’御胸で充分にお休みなさい(主を覚えなさい)』と仰っておられる‥。自分の弱さを知って初めて、他者の弱さを助けることも出来るのではないでしょうか?
     今与えられている私の弱さや試練も、きっとその為の‘恵み’なのだろうと感謝し、喜んで戴いています。
     たとえ他者からの理解(人の義)が得られなくても、神様が全てをご存知で、必ず用いて下さいます。切なる願いなのです。
     アーメン‥

  9. 岡田豊二

    【>ポカリさん >のりぴいさん &皆様 へ】
     弱く力ない者が力ある者の為に祈る‥、私を苦しめ敵対し時には迫害する者の為に私が祈る‥。主は、“執り成しの祈り”(逆転・復活の祈り)を祝福して下さると、聖書に証されているのではないでしょうか?
    …そんな、弱き者の小さな祈りと願い(奉仕)が用いられ、例えば私にも、こうして皆様と恵みを分かち合える場が戴けた(奉仕して戴いている)ことに心から感謝しています。
     そして、私も「応えたい」と祈り願います。
     “頑張る”の語源は「我を張る」だと聞きました(受け売りです)。成る程そぅかも知れない‥と感心し、反省する時が私にも度々あります。頑張らなくても出来ることが、きっと私にもある‥。事を為すのは私ではなく、全てが神様の御業だからです。

     私たちを御心に適う者として浄めて下さい。御心に適う働きと輝きを私たちに与えて下さい。アーメン!

  10. ポカリ

    奉仕。
    ・・・・・・・・・・?
    奉仕できる人は、神様からたくさん祝福を受けていらっしゃると思います。
    でも、今の私は、教会に通う力が湧いてきませんし、行く教会も見つかっていません。奉仕するまでの道には、まだまだほど遠いです。
    でも、私は日本にキリストの教会が無くならないように望んでいます。
    そして、富んでいる人も、貧しい人も、主イエスさまの十字架をあおぎつつ、それぞれの人たちが自分にできる善い業が奉仕だとしたら、何なのか考えています。
    今、生かされている自分は、主イエスさまに罪赦された身。小さな自分です。
    その私は、沢山のキリスト者の祈りが、主のもとで守られていることを考えてます。
    それから、教会で、奉仕をしていらっしゃる方にも、していらっしゃらない方にも、どうするのがいいのか、主のお導きがありますことを願っています。きっと、それぞれの人が、自分に相応しい力量で、無理し過ぎずに善い業ができることが、大切なのだと思います。
    私も、どんなに小さくても、愛の業ができるようになりたいと思います。
    できるでしょうか?
    私なりに頑張りたいと思います。

  11. JQ2NJP クマちゃん

    正直に言うと、この10月30日の第二礼拝のあと、教会の大掃除でした。
    私は、いつも第一礼拝に出席しています。家から地下鉄を乗り継げば片道約一時間、天気が良ければスクーターで片道40分のところに教会があります。第一礼拝に出席した後帰宅し、また教会まで行くのがついめんどうになって、さぼってしまいました。
    神様、ごめんなさい!
    掃除以外の第一礼拝の前後で行えたり、木曜日の聖書研究祈祷会の前後で行えたり、私の持っている熔接器とか、特殊器具や特殊作業、またアウトドアの奉仕なら・・・と思っています。
    (私が30歳のころ、町工場で、金属加工の仕事をしていました。当時、見よう見まねで、旋盤やフライス盤、ボール盤などを使って、金属加工していましたし、機械製図も手書きで書いていました。それがなぜ今病棟看護職かは、聞かないでね・・・・( ´艸`))

    • タクさん

      旋盤 若き日の頃は、コーハン、シンシナティ、爪が4つ 芯が ぶれない ように (慣れるまでは……) NC旋盤 爪が3つ 今の旋盤は 進化しているので しょうね? ボール盤、フライス盤 等々 も 進化しているん でしょうね。うーん 今でも ノギス、マイクロメーター 等は 使えますけど? 鉄工かぁ~ 懐かし かぁ~ バッテン おい(私)は、鉄工の 仕事は むいちょらん かった けん 〇年位しか せん かった バッテン (-_-;) でも 自分に 向いちょらん の やったら はよ~ 辞めて しぇ~かい(正解) く、情け ない けんがぁ~ (-_-;)

      • JQ2NJP クマちゃん

        タクさん
        お互い人間界で長く生活していると、たたけばほこりが出る身になりますね。(笑)

        • JQ2NJP クマちゃん

          もう一つ!私とタクサンの共通点を見つけちゃった~~!(笑)

  12. 岡田豊二

     よくありがちな‘恵み’?だと感じました。私にも覚えがありますし、障害者ですし‥、今でも思い悩むことがしばしばあります。そんな時は‥?

     私は、共に奉仕する兄弟姉妹に、イエスの御名で共に祈る場をもって戴けるよう、お願いすることにしています。そして詩篇のように‥弱さを怖れず‘ありのまま’の思い患いを共に神様に聴いて戴きます。

     教会の素晴らしいところは、皆が罪人を‘自覚’しているところだと思います。こうしたことは、大抵‥皆それぞれに覚えがおありでしょうから、共に祈ることで悔い改められ、共に御心を求め、最善の愛と知恵(神の義)が示されます。
     それが大いなる‘恵み’だと感じています。イエスが仲裁者になって下さるからです。
     神様は、私たちが『いつも喜び感謝して』‥いることを、『キリスト・イエスによって‥望んで居られる』‥と聖書に書いてあります。唯々、私たちを‘生かしたい’のだと思います。

     皆が神の国を求め、いつも喜んで居られますように‥。私も共に祈って居ります。 アーメン!

  13. 匿名

    教会の奉仕って、お使いに似てると思うのです。
    例えば、500円渡されて、300円のパンと200円の牛乳を買って来て、と頼まれるみたいな。

    ふと横を見ると、あの人は3000円渡された、あっちの人は20円だ、だからズルいって事は本当はないんだと思います。

    私の買い物は重いとか、かっこ悪いものを頼まれた、とか…
    何も頼まれないのは、寂しい?いや、ラッキー?感じ方は人様々だろうけど。

    客観的にみて、優劣はないですよね?だってお使いなんですもの。

    むしろ問題なのは、3000円頼まれたのに、2000円しか買わないで、お釣りを返さなかったり。
    300円しか渡されてないのに、無理して500円買おうとしたり。
    疲れてる、辛い時は、休んでいい、やめていい、それが理想の奉仕なのではないでしょうか。
    困ったら、正直に神様に相談する、きっと答えはあります。だって、預かったお金は神様から渡されたのですもの。

    私はこんな風に考えています。

  14. のりぴい

    丁度今日は教会のバザーの日で奉仕活動をしました。
    今年より牧師の意見でフェステイバルと呼ぶことになりました。
    私は何ら力にはなりませんが、受付に位置して参加しました。
    何の作業が出来なくても、普段は会話しない人とも会話できて有意義だったと思います。
    いつか忘れましたが、吉崎さんに掲示板を御願いしたことがありましたが、
    このようか形でその機能を果たせていることに感謝します。
    普通は~掲示板とテーマごとに分割されますが、
    このコメントのようにテーマはFEBCが決めてくれるので発言し易いです。
    「良いことは神様の御蔭、悪いことは人のせい」と言っていた牧師を思い起こします。
    皆さんの楽しいコメントを期待します。

  15. 私は理系ですが

    スタッフの皆様、いつも放送ありがとうございます。
     
    ここに投稿することで誰かを傷つけるようなことになったらなんか申し訳ないなあと思いつつ(そんな意図はないので)投稿させていただきたいと思って書いております。
     
    昨今、『恵子の郵便ポスト』を聞いているとよく感じるのは、現代社会における利己主義(行きすぎた個人主義)の台頭の影響でしょうか。「(他人よりも)まず私が」、「神様よりも私が大切。」といった考え方に支配されている人が多いのではないかと思うことです。これは自分自身も本当に注意しないといけないと思うのですが、私たちは神様によって造られた被創造物の立場であるにもかかわらず、無意識のうちに神様よりも上に立とうと、神様に(自分の欲のために)命令をしてしまう弱いものであるということです。
     
    聖書に「みこころにかなう祈りはきかれる」とありますから、祈りがきかれない場合は「神様のみこころは実は違うところにあるのではないか」と立ち止まれ、ということなんでしょう。そこをなかなか認められないという現実もありますが。
     
    さて、前置きが長くなりましたが、教会の奉仕の問題。
     
    そもそも論ですが、奉仕をする目的は?ということを忘れると自分の気持ちに余裕がなくなると辛くなります。
     
    教会の奉仕は神父や牧師のためにするんじゃない。ましてや信徒のためでもない。天の父なる神様のためにするのです。
     
    そこを間違えて誰かの人のためにしていると、人の機嫌を伺うようになってしまったり、奉仕を断ると嫌われてしまうのではないか、悪口を言われてしまうのではないか、などと本来の奉仕の目的からはかけはなれてしまう感じがします。まあ、世間体を気にせざるをえない?日本人クリスチャンにとっては悩みどころなのは理解しますが。
     
    そういう奉仕の目的をしっかり握っていれば、よくありがちな不平不満(自分ばかり奉仕して奉仕してない人はずるい等)も起こりにくくなると思います。しかし、神様のためにし始めた教会の奉仕であっても、精神的・肉体的または信仰的な浮き沈みによって辛くなることはあります。
     
    そういった場合、まず、神様に辛い思いをお伝えして、そのうえで神様の導きを願い求めればいいと思う。祈っていくうちに神様からいろいろな提案というか指示が与えれる場合もあるし、辛い状況が変わる場合もある。状況が変わらなくても続けたいという気持ちが起きれば、「神様、もう少しやってみるから、知恵と力を与えてください」と祈ればいい。逆に自分でどうしても奉仕をする意義を見出だせないなら祈ってスパッとやめるのもありだと思います。
    なぜなら、奉仕は献金と同じで、神様から与えられている恵み(賜物)を神様のご用のために用いるものだから。
    神様から与えられている賜物は人それぞれだから、その賜物の内容によってそれぞれかそれぞれの働き(奉仕)をすれば良いのです。
    そして、信徒はそういう奉仕をしている兄弟姉妹のために(お互いに)祈っていかないといけないなぁと思います。
     
    ただ、奉仕って言うのは何も目に見えるものだけじゃないから。
    先ほども書いたけど、「自分は体力もないから献金で神様の働き、教会の働きを支える」というのもありだと思うし、「お金は出せないから肉体労働ならなんでもしますよ!」というのもありでしょうし、「いやいや、自分は献金も肉体労働も無理なので、祈って皆さんを支えます。」というのも広い意味での奉仕だと思います。人によっては教会から離れた場所(家庭とか地域とか職場とか)で広い意味での奉仕している人もいるかもしれません。
    礼拝で元気に賛美するというのもある意味、奉仕です。ここまで書いて、奉仕とは証し的な意味あいもあるな、と感じました。そういった意味で、教会の奉仕やクリスチャンにとっての奉仕はライフワークの一部であるのかもしれませんね。

    今日(11月3日)の朗読番組「加藤常昭『祈り』」にもありました。
    神様のことをすっかり忘れていては、日々の生活においても教会生活においても、うまくいくこともうまくいかなくなるということなのでしょうね。
     
    そういった意味で、私たちはいつも神様を見上げ、神様とともに歩まないと何もできない存在なんだな、と改めて思わされました。
     
    いつも愛して導いてくださっているのに、いっつも文句ばかり言って感謝もしないで「神様、ごめんなさい!」みたいな(笑)
     
    長々と失礼いたしました。

  16. 匿名

    私もお便りの方と同じです。
    教会もキリスト教も?です。
    奉仕もしたくないし、奉仕によってあの人は奉仕してる、してないとか、
    本当に面倒で・・・・
    日曜日は癒されるどころか、疲れてしまいます。
    自己中心なのでしょうね。
    自分を責めて辛いので、休む事ばかり考えています。
    元々、損得で考える人間でボランティアとか真逆の者なので。
    やはり教会は自分には合わなかったのかと思っています。

    • タクさん

      匿名様 初めまして  貴方様は 全く 普通の 方 だと 私は 思います。 引け目 を 感じる こと なんか 全く 無いですよ~ (^o^) まぁ~ あまり 肩に 力を入れずに リラックス リラックス (^o^)   

      • 匿名

        タクさん、ありがとうございます。
        教会に行くことが辛くて、自分を責めるばかりで、心療内科でお薬もらいました。
        何にも無い自分。私は私で良いのですよね。
        このような状態でも聖書の云う心の満ち足りた喜びを感じたいです。

        • タクさん

          匿名様 はい 私も そう~ 思っています。 何だかんだ と 綺麗ごとを 言っても? やっぱり 人間って さぁ~(我が身 が 一番可愛い~ )って 思っています、はい 私も 当然(我が身が一番 可愛い)と そう~ 思って おります。まぁ~ でも 皆様も きっと きっと そう だと 思います、稀に 稀に、否定 される 御仁 も 見受けられ ますがぁ~  まぁ~ そういう お方は、(貴方様 何か 勘違い して らっしゃる の かなぁ~??)って 私は そう 思って おります。匿名様 貴方様 は  はい 全く 普通 デスヨー  あまり 考え つめないでぇ~ (^o^; 匿名様の 御健康 お心の ご平安 お祈り 致します。 (^o^) タクさん より

  17. marie

    他者と関わるのが苦手で、精神的に不安定でごミサにも毎週与れず、ごミサが終わればまるで逃げるかのように帰宅していました。奉仕活動なんてとんでもない!・・・それがこれまでの私でした。

    今年に入り、心身の調子が安定し、毎週ごミサに与れるようになりました。「いただいたお恵みを、イエスさまに感謝したい!感謝を何か具体的な行動でお捧げしたい!」と強く思いました。そのことがきっかけで、教会清掃やバザーなどに参加するようになりました。去年までの私には考えられなかったことです。自分でも驚いています。

    来年度から、新しい奉仕活動をもう1つ始めてみることにしました。決して無理はせず、楽しみながら、教会の奉仕を続けていこうと思っています。

    • marie

      【追伸】
      今の私の心の支えになっているのは、ブラザー・ローレンス(ラウレンシオ修士)の『敬虔な生涯』(『神の現存の体験』)を読んでいて見つけた、次のお言葉です。

      「私は、神がしばらく楽しい時を与えられた後には、苦しみと悩みの時を与えられることを予期しています。そして、神はそれに耐える能力(ちから)を与えてくださることも知っており、自分では何もできないと、よく分かっていましたので、案ずることをしませんでした」

    • 私は理系ですが

      marie さん、はじめまして!
      素晴らしいですね。神様の恵みですね。
      でも、本当に無理はだめですよ。

      自分はよく、喜びに満ち満ちて、「なんでも奉仕やりたい!」とやる気満々になっている特に受洗直後の兄弟姉妹にくぎを刺すのですが、私たちの信仰を入れているうつわは、底に穴の開いているボックス、もしくは水が染み出てしまう陶器茶碗のようなもの。つまり、ボックスに恵みがいっぱいあふれんばかりに満ちているとき(信仰的に安定し順風満帆な時)は、ついつい気持ちが大きくなっていろいろ手を出してしまいがち。
      しかし、ボックスには穴が開いている、陶器茶碗からは恵みがしみだしてしまうので、定期的に神様から恵みを入れていただかないと、自分の心の中の恵みボックスがカラッカラになっちゃうんですよね。カラッカラになるとどうなるか、奉仕がつらい、教会に行くのがつらい、という状態になってしまう。恵みボックスにはほんの少しでも恵みが残っている状態でないと、うまいこと生きていけない。今の時代でたとえるならスマホのバッテリーみたいな(0%になってしまったら、スマホの電源が入らないでしょ?)。

      サタンもほんと、そういうなんか弱いところを突いてくるのですよ。私たちを教会から信仰から離そうと、彼らも必死なわけです。

      よく信仰はマラソンのようにたとえられますね。徒競走ではなく持久走。だとしたら、最初に一気に力を出してしまったら、息が切れて走れなくなってしまう。
      奉仕もそんな感じで、最初はスロースタート、徐々に力をつけながらがいいんじゃないでしょうか。
      祝福をお祈りしています。
       
      老婆心ながら、言っておいたほうがいいかなと思いまして、投稿させてもらいました。

      • marie

        「私は理系ですが」さん、初めまして。リプありがとうございます。(^^)

        はい、今の私、喜びに満ち満ちていて、やる気満々なんですよね。(^_^;) もう少し、落ち着いて、落ち着いて・・・と自分に言い聞かせているところでしたので、「私は理系ですが」さんのお言葉、とても嬉しかったです。「最初はスロースタート、徐々に力をつけながら」、ですね。心します。
        お声がけ下さり、本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします!

コメントは受け付けていません。