共に祈りを合わせてくださる皆さまへ

神はわがやぐら わが強き盾
苦しめる時の 近き助けぞ
おのが力 おのが知恵を
頼みとせる
陰府の長も など恐るべき
(讃美歌267番)

ここに2015会計年度の報告を致します。

◇緊急支援献金
全献金の約10%となる9,064,402円のご支援がありました。
心より感謝申し上げます。

◇維持献金、自由献金
維持献金は45,895,779円(前年度比約9%増)、自由献金は18,969,001円(前年度比約51%増)がささげられました。
とくに再び減少を続ける維持会員の方々が、ご献金が増やしておられることを重く受けとめております。

***

緊急支援献金や維持会員への献金増額の要請に対し、多くの方がお応えくだいました。この場をお借りして、言い尽くせない感謝をもって深く御礼申し上げます。さらにカナダを筆頭に国際FEBCからの支援継続もあり、国内外の支えを賜った一年でした。

一方で、基盤として支えてくださっている維持会員の人数は、昨年末より再び減少に転じ、緊急支援要請以前の水準を割り込み、直近では維持献金・自由献金とも前年同月比で15%以上の想定を超える減少が続いています

しかし、このことも私たち日本の教会とキリスト者が、同胞とともに今後歩まねばならぬ、さらに険しくなる長い道のりの一端なのかもしれません。

困難な時代に、キリストの教会は、FEBCは、どう生きていくのか。

 

私の力、私の知恵を
頼みとしようとする

冒頭の讃美歌は、それは神無き世界の長、神を信じ、認めようとしない者の姿だと断罪します。

神だけが、私の真の助け

尊いささげものに込められたこの皆さまの祈りと願いに背を押されるように、自身の献身の思いをあらたにしております。

心ひとつに主のみ前に共にいてくださって、ありがとうございます。

神の語りかけに耳をそばだて、親しく語り合い、ご自身の歩むべき道を見出し、その道のりを、隣人のために歩む皆さまと共にありたい。
先駆けとなり、しんがりとなられる主を、ただ信頼して。

2016年待降節に

日本FEBC統括ディレクター
鈴木誠司


主のご降誕を心に味わう季節、この恵みをお伝えするFEBCの働きを特別にお覚えくださいましたらと願っております。
クリスマス献金のご協力を心よりお願い申し上げます。

【ご献金方法】

・クレジットカードによるご献金

1. ご希望される献金額を半角数字で入力して下さい。(500円から1円単位で指定できます)
2.「次へ」ボタンを押して下さい。決済手続きのページに進みます。

*日本国内の方↓

 円  

 

*外国にお住まいの方↓

 円  

※郵便番号に英字が含まれる場合は、誠にお手数ですが「ZIP CODE」欄には任意の数字をご入力下さり、下方のテキスト入力欄に正しい番号をご入力下さい。

・その他のご献金方法

郵便局からのご献金>>
銀行からのご献金>>