クリスマス

主イエス・キリストのご降誕、心よりおめでとうございます。

クリスマス
すべての人のための救いが世に来たこの出来事に
無関係な人は一人もいません。

皆さまと共にこの喜びを分かち合うことを願って
今年もクリスマス特別番組をお届けします。

「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」
ルカによる福音書2章15節

クリスマス礼拝放送を聴く>>

クリスマス・イブ特別番組を聴く>>

 

“クリスマス” への2件の返信

  1. 理系です

    メリークリスマス!イエス様のお誕生日おめでとうございます。
     
    今年の日本は、東日本大震災の記憶もまだ残っているのに、春に熊本と大分で繰り返し大きな地震が起こり、復興もままならないのに、今度は鳥取で地震が起きました。台風が日本列島にどんどんやってきて各地で洪水や浸水が起き、特に東北や北海道で大きな被害が出ました。
    そして、少し前、糸魚川で一軒の出火が市街地の多くを焼き尽くしてしまうという災害も発生しました。本当にたまたま気象条件が悪く重なったために大災害が起きてしまったということも今年多かったように思います。「主よ、どうしてこんなことをするのですか?」というのは、何も自然災害ばかりではなく、身近なところでも起きます。ほんと「神様なんて本当にいるんだろうか?」などと思うこともありました。
     
    クリスマスの時期、自分の教会の牧師は「イエス様がまた来られると言うことをいつよりも増して思い願いましょう」と言います。
    日本の今の宣教の状況を見ると、イエス様の再臨はまだだいぶ先になりそうだけれど、困難な時代に本当に「主よ、来てください!」と願わずにはいられません。再臨の時期がまだなら、「主よ、私の身体を聖霊様で満たしてください!」と願い求めます。聖霊様に満たされていると困難な時代も乗り越えていけそうで。
     
    自分は先週の水曜日に受洗30周年を迎えました。30年前のクリスマス礼拝で受洗したのです。それからいろいろなことがありましたが、いまだに信仰を捨てることなくなんとか続いていること、ホント恵みです。私の知らないところで祈りがあり、また働かれる聖霊様の導きを感じずにはいられませんでした。
     
    また、年が明けると日本FEBCを聞き始めて(実際には再開ですが)一年となります。今までも信仰が弱まり倒れそうなときはFEBCのラジオ放送・インターネット放送を聴いて何とか乗り越えてきました。しかし、ここ最近、心の飢え渇きを感じ、聖書の御言葉の注入の必要性を感じていました。しかし、聖書を読む時間の確保ができないので、最初は興味のある番組から聞き始めました。今では「一日分を通して聴く」のというの出勤前や午前中に聞き、これはという番組を帰宅途中などにもう一回聞いています。とても恵まれます。感謝です。本当にありがとうございました。
     
    維持会員になるほど経済的に余裕がないので、ボーナスが出たときは献金させていただきます。また、通っている教会でも日本FEBCを皆さんに知らしめる活動を開始し、祈りに覚えてくださる兄弟姉妹が増えました。感謝なことです。
     
    これもすべて、FEBCの放送が毎日滞ることなく放送されていることからいただいた恵みによるものです。
     
    日本FEBCのスタッフの皆様も、この一年、知らないところでいろいろとご苦労や辛いこともあったと思いますが、ますます主にこの放送とともに用いられて、支えられ祝福されるよう祈っております。
    本当にありがとうございました。
    2017年もどうぞよろしくお願いいたします。
     
    皆様、よいお年をお迎えください!天の父なる神様とともに!

  2. korin

    主イエス キリストの御降誕、おめでとうございます。
    私の心は、今、遠く…ベツレヘムへ旅しています。☆

コメントは受け付けていません。