新番組が始まっています

2017年、早くも1週間が過ぎようとしております。
今週のFEBCを聴いていてお気づきの方もいらっしゃると思いますが、1月からスタートした新番組があるのです。

ひとつは「たびんちゅ(旅人)牧師の今日も求道中」。
お話しくださるのは、アシュラムセンターという祈りの運動の働きをされている榎本恵先生。
ちょっと不思議な感じの番組名ですが・・・旅番組???
というわけではないようです。
「主イエスとは自分にとって誰なのか?」
その生きた出会いを日々求めておられる榎本先生の、旅人生求道記という感じでしょうか?
まずはぜひお聴きください!

そしてもうひとつは「タリタ、クム。起きなさい。―主日の説教から
日本基督教団磐城教会で語られた、上竹裕子先生の礼拝説教をお届けします。
「タリタ、クム」は、12歳の少女の死体に向かって主イエスが呼びかけた言葉そのまま。
その時の主イエスの息づかいまでもが感じられるような言葉です。
この言葉に込められた主イエスの命の息吹によって、私たちも命を回復し、起き上がりたいと思います。

そして、インターネットで先行放送をしていた「Silence of Sound」が通常の放送枠に登場!
ゴスペルシンガーソングライターのサムエルさんが、ご自身の体験や曲に込めた思いを語ります。
もちろん、胸に響く歌声も魅力です。
昨年末、サムエルさんがKISHIKOさんのライブにゲスト出演されたときのレポートはこちら>>

この1月からの新番組、どうぞお聴き逃しなく!