なぜ通読するのか?

毎朝お寒うございます。
目が覚めると、丸まった姿勢で布団を上からかぶったまま通読をして、それからようやく布団から抜け出すのがすっかり日課になってしまったよな子でございます。
そんな丸まった姿勢が、思わずピンッとなるような、短いメールをいただきました。

毎日放送を楽しみに聴かせていただいている70代の主婦です。
ありがとうございます。

聖書通読を試みてもいつも途中で挫折しています。
2017年こそはせめて新約聖書を1年間続けたいと思います。
毎日1章ずつ、5回は無理でも2回ずつ読んでみたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

70代のおかたの新年の決意!
私にとっては人生の先輩であるこのかたの決意に、とっても初々しさを感じて、私もこういう心で聖書を読みたい!と思いました。

通読って毎日続けるのは本当に難しくて、私も途中で挫折したり、飛ばしたり、遅れをとった部分をまとめ読みしたりなのです。
でも考えてみたら、それでも懲りずに(?)毎年「通読しよう!」と思うのはどうしてなのでしょうね?

 

「せめて新約聖書を、毎日1章、2回ずつ読んでみたい」
そうお書きくださって、ハッとしました。

通読は、ノルマじゃないのですよね。
当たり前のことのようで、いつの間にか、とにかく1年の最後に帳尻が合うことが努力目標のようになっていた気がします。
確かにそれでも最後まで読みきった達成感はあるかもしれません。
でもそれはそれだけのこと。

最後まで読みきることだけが目標なら、毎日2回ずつ読むのは不合理なだけ。
でも、このかたがどうして2回ずつ読みたいと思われたのか・・・

そこに、私が通読を続ける理由もあるような気がします。

イエス様に気づきたい
1回では気づけないかもしれないけれど
2回目に気づけるかもしれない
イエス様が共にいてくださることに
イエス様が私を愛していることに
イエス様は今、私になんと語りかけていらっしゃるのか
私は気づきたいのだと思います。

どうか気づけますように
どうか気づかせてください

そう祈りながら毎日聖書を読み続けたいと、心新たにさせられました。
そして、人生の先輩であるこのかたがご一緒くださること、大きな励みになります。

皆様もぜひ一緒に通読しませんか?
一人では挫折しがちな通読
だから、一緒に分かち合いながら!
詳しくはこちら>>

よな子へのお便りもお待ちしています。
voice@febcjp.com
いただいたお便りはこのサイトで一部または全部をご紹介させていただくかもしれません。
皆さまからのお便り、お待ちしています!

“なぜ通読するのか?” への1件の返信

  1. 匿名

    聖書を読む理由は、ここでよな子さんが言っておられるように、イエス様が今日、この私にどんなことを教えておられようとしているのか、知りたいからだと思います。それが、今日を生きるのに励みになったり、慰めになったり、力になったりするからです。
    うまくいかない時や、こじつけになっている時もあり、そういう時は深く考えずに飛ばしたりしています。体調が悪かったり時間がないときは読まないときもあります。
    でもこのお便りをくださった方のように、聖書を読みたいお願う気持ちや、イエス様を知りたい気持ちを、主は見ていてくださるのではないでしょうか。しっかり手を握って歩んでくださり、色んなことがあっても、少しずつわからせてくださるように思います。

コメントは受け付けていません。