七つの詩〜あれから6年

上の絵を見て、皆様は何をイメージされますか?

実は今日の「FEBC HANGOUT!」には、この絵を描いたかたがゲストとしてお越しくださっています。
現在再放送中の「イエスの風に吹かれて―みことばお散歩トーク」でお馴染みのじょ〜じ、こと早矢仕宗伯先生です。

先生はこの絵ともう1点の作品を、今日から開催のある展示会に出展されています。
その展示会とは・・・

七つの詩(うた)〜あれから6年 僕らが見ている フクシマ〜

  • 会期:2017年3月9日(木)〜14日(火)※期間中休みなし
  • 会場:アーツ千代田3331 B104ギャラリー
    (東京都千代田区神田6-11-14)
  • 展示時間:11時〜19時(最終日は17時まで)
  • 入場料:無料
  • 主催:「七つの詩」表現・実行委員会、後援:声なき者の友の輪/日本ローザンヌ委員会

東日本大震災から6年。
実際に福島に足を運んだ7名の作家たちが受け取ったメッセージを、皆様と分かち合い、現実と向き合う機会としたいと願ってのアートプロジェクトです。

でもなぜ早矢仕先生がこのプロジェクトに参加を…???
それはぜひ番組でお聴きください!

番組を聴く>>


【お願い】
コメントはお一人600字以内でお寄せください。
なるべくいろいろな方々が書き込みやすいよう、
また多くのコメントを読みやすく表示するため、ご協力をお願い致します。
コメントの受付期間は2週間です。
皆さまのコメントをお待ちしています。

七つの詩〜あれから6年” への9件の返信

  1. marie

    『七つの詩(うた)〜あれから6年 僕らが見ている フクシマ〜』、最終日に行って来ました。

    実際に、じょ~じ先生の作品を拝見できて、本当に嬉しかったです(ちなみに、↑この作品のタイトルは、『それでも、僕らは今日、希望の種を…』)。作品の右上に、茨の冠を被ったイエスさまの御顔があることに、最初気づかなくて(汗)、しばらく経ってから、「あっ!イエスさまだ!」と心の中で叫びました。

    じょ~じ先生の2つの作品…だけでなく、すべての展示作品が、静かな希望に満ちているように感じました。

  2. korin

    図画は苦手なので、描けるなんてすごいなぁと思います。(^^)

  3. シュート

    早矢仕先生の絵の上に描かれているのは、被災地の瓦礫や、福島第1原発を象徴したものでしょうか?そこに、イエス様が愛を分け与えているように思えます。それがハートの形になっているのが印象的です。
    早矢仕先生は以前の番組のような飄々とした感じではなく、違う一面を感じました。
    東日本大震災から6年。絶対に風化させてはいけない事です。

  4. ごんべぇ~

    私は、三位一体の神様を、三人以上の人間が~~~愛(ハート)の種(聖霊)を世界中にまいていると、きっと、平和(鳩)があちらこちらに訪れることでしょう。
    いや、すでに、まいていますから、安心してください。
    なぁ~んて、ガチガチなことを(笑)

  5. タクさん

    あ、私が 覚えていた じょ~じ先生の絵は、2015年12月8日 の(よなばな)の 時の  じょ~じ先生 の絵 でした。今回の絵 では ございません でした。訂正 致します。  m(__)m  m(__)m

  6. marie

    聖霊の風が吹いている・・・そんなことをイメージしました。
    白い鳥(鳩・・・聖霊だと思いました)のはばたきや、
    風の吹き抜ける音が聞こえてきそうな絵だなぁ、と思いました。

  7. くらら

    私、シャガールの絵かと思いました。

    • りみ

      私もシャガールを思い出しました!
      シャガール好きなんで。

  8. タクさん

    あ、思い出しました (^o^) はい 覚えて いますよ~  う~ん 東日本 大震災・・・ あの 未曾有 の 大震災から 6年 ですね。 犠牲に なられました方々 の 尊い 御霊 に 祈念 いたします。  アーメン m(__)m

コメントは受け付けていません。