FEBCの舞台裏その1〜お便り返信【後編】

自分が情けないということに気づけない、
自分は大丈夫だと言ってしまうのが僕たちで…。
だからこそ、気づけるっていうこと自体が、
神様が共にいるからできることで、
それがどんなに幸いなことか。

このかたが「自分は情けない」っていうところにこそ、
このかたの気づくべき神様からの語りかけがある
それを吉崎さんは聴きとったんじゃないかなあ。

自分で気づくって大事ですよね。

そのかた自身が気づかないと、自分の信仰にはならない、
だから、教えるんじゃなくて、ご本人が気づく助けをするっていうか…
「あ、ここに神様が共に既にいてくださったんだ」って、
そのかた自身がご自分とイエス様との関係を捉え直す出発点になるっていうか…
それがFEBCの返信なんだと思うんだよね。

放送もそうですよね。

聖書のことを知的に教えても、わかった感になるだけだしね。
いかにそのかたとイエス様との関係性が深まるか。
そこにFEBCの使命があるんじゃないかな。


2回にわたってお送りした、お便り返信研修の模様、いかがでしたでしょうか。

私たちと一緒に「この働きに仕えたい!」
そう思われたかたは、ぜひ「職員・インターン募集」にご応募ください。
お待ちしています。