FEBCの舞台裏その2〜番組制作【前編】

幸いな礼拝の時を過ごした後、私達にはもう一仕事。

FEBCの放送は、リスナーの皆様方が
お捧げくださる祈りとご献金によって支えられています。
取材先では、教会のご協力により、私どもの伝道活動のアピールを行うお時間を頂いております。
私達スタッフの思いをはるかに超えて、
主イエスさまご自身がリスナーに出会ってくださっている。
そんなお便りをいつも皆様にご紹介しているんです。
(なお、まだNは修行中の身なので、先輩のアピールを見学しています…!)

普段の礼拝放送では、丸ごとカットされている部分なのですが、
スタッフとしても、改めてみなさんの前でこのように語らせて頂くことで、
自分たちの在り方を見つめなおしているところがあるなあと、
前に出て話す長倉さんの姿を見ながら、今回も感じました。

お話をさせて頂いた後は、このように献金袋を持って礼拝堂の出口辺りに立たせて頂く場合が多いです。
2人組の取材の場合ですと、もう1人は、
教会員の方に対してインタビューを録らせて頂いている事もあります。
そういえば、初めて私がインタビューをした時のことですが、お相手のお証が素晴らしすぎて
泣きながら録った事を思い出しますね(笑)

ほんのわずかなひとときではありますけれども、
実際に様々な教会にお訪ねさせて頂いて、
礼拝に与り、先生・会衆の方々と語らわせていただく事の幸い。
未熟な自分には、実に学びの時とさせて頂いているなあと思います。

長倉さんはFEBCの働きを「役得だ!」と笑いながらよく言うのですが、
いや、本当にそうだなあと感じさせられています。


後編では、持ち帰った音源を実際に編集し、番組にしてゆくプロセスをご紹介します!
「番組制作」後編はこちら>>

なお、今回収録し、編集させて頂きました、日本基督教団 経堂緑岡教会の礼拝は、
「ここに立つ教会」>>にて放送中です。
みなさんも、ぜひお聴きください。

そして、私たちと一緒に働きたいと思ってくださった方。
ぜひ「職員・インターン募集」をご覧のうえ、ご応募ください。
お待ちしております!!!!