ぶどうの実のゆくえ

ヨハネ15章6節
「わたしにつながっていない人がいれば、枝のように外に投げ捨てられて枯れる。
そして集められ、火に投げ入れられて焼かれてしまう。」

今朝こころがとまったのは、「まことのぶどうの木」である、主イエスが、
この木につながっていない枝はこうなる、と告げられた箇所です。
え、焼かれてしまうの…?と。
私の中では地獄や破滅、裁きなんかのイメージと、そのまま結びついているところでした。
そしてもう一箇所。

ヨハネ15章8節
「あなたがたが豊かに実を結び、わたしの弟子となるなら、
それによってわたしの父は栄光をお受けになる。」

うーん。父なる神様は栄光そのものであるはずなのに、
私達が実を結ぶことで栄光を受けるとは、
一体どういうことなんでしょうか。
父なる神様が、なぜご自分でぶどうをお育てになる必要があるのだろうかと、
しばらく、思いを巡らせていました。

なぜ農夫は苦労して、ぶどうを育てるのだろうか。
単に育てたいから?見て楽しむ?
でもやっぱりそれは、実を食べるためだと思うのです。
それはきっと、神さまの祝宴に饗するためではないかと思うのです。

かつてイザヤ25章6節で預言された、裁きの後の世界の話。
「万軍の主はこの山で祝宴を開きすべての民に良い肉と古い酒を供される。
それは脂肪に富む良い肉とえり抜きの酒。」

この実はもしかしたら神様に摘まれて、絞られて、熟されて、
お酒になってゆくのではないでしょうか。
神さまがご用意されたこの酒宴。そこでみんながこの味を喜び、繋がっていく。神さまの前に一つとなってゆく。
改めて読むと、この聖書箇所には、「すべての民」って書いてあるんですよね。

ヨハネ15章16節
「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。
あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、
また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、
わたしがあなたがたを任命したのである。」

もはや主によって、全ての枝が実を結ぶように整えられている。
だってこれは、普通の木では無い、まことのぶどうの木ですから。

イエス様が伝えたかったことは裁きではなく、
救いの招きそのものだったんだなあと今回は新しく感じました。

天の祝宴の光景を今、思い浮かべています。

(新人N)


皆さまの通読の感想もぜひコメントにお寄せください。
2017年通読表はこちらから>>

【お願い】
コメントはお一人600字以内でお寄せください。
なるべくいろいろな方々が書き込みやすいよう、
また多くのコメントを読みやすく表示するため、ご協力をお願い致します。
コメントの受付期間は2週間です。
皆さまのコメントをお待ちしています。

ぶどうの実のゆくえ” への3件の返信

  1. 理系です

    「新人」と言っているのにこんなに立派なコメント書いちゃうなんて、恐縮しちゃいます。
    さて、4/26はヨハネ15章が通読箇所だったのですね。
    ヨハネ15章ってクリスチャンに厳しいことも書いてありますね。2節とか「わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、~」ってところ、「ひぇー」ってな感じです(苦笑)
    6節はキリストにつながっていない人(キリストを否定する人とか)の話だと思ってました。
    そして8節。「栄光をお受けになる」は、英語の訳を見ると「glorified」という単語を使っていて、「glorify」は「栄光」なので日本語のそれも正しいですが、意訳すると「ほめたたえられる」てなことでしょうかね。
    それと、日本語訳だと「実を結ぶ」⇒「弟子となる」の順ですが、英語だとand(等位接続詞)を使っていているのですよね。
    自分は日本語訳がわからない時は、他の訳(日本語なら新共同訳⇒新改訳⇒口語訳⇒リビングバイブル等、英語ならESVやKJV、NAB等)を見てみます。
    本当は原文(ギリシャ語)を見るのが一番いいんでしょうが、代替で。
    で、この部分なんですが、リビングバイブルの翻訳が一番わかりやすかったです。
    今はネットでなんでも調べられますので、いろいろ見てみると面白いですよ。

  2. のりぴい

    自分が良ければ、それでよいというのは人間の自然感情なのか。
    一体神様の設計はどうなっているのか。
    こんなことを思っていると今村雅弘前復興相の発言問題が生じた。
    物事は全てが空の空なのか。

  3. とど

    ヨハネ15章8節「あなたがたが豊かに実を結び、わたしの弟子となるなら…」の意味が今ひとつ掴めないでいます。(母教会ではこの聖句について、ちょっと偏った見方をしていたように今は思っています。ですが、現在通っている教会は、この聖句に納得できる解き明かしをしてくれているようには感じられないんですよね。)
    皆さんはこの聖句、どのように捉えていらっしゃいますか?

コメントは受け付けていません。