隠れたところにおられる父

このたびの九州豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
ちょうど1年ほど前にFEBCが取材にお伺いした地域でもあり、被害の大きさに心を痛めております。
速やかに必要な支援が届きますように、この苦難の時、被災者のお一人おひとりに主イエスの慰めと守りを切にお祈り申し上げます。

FEBCには毎月300通ほど、リスナーのかたからお便りが届きます。
300という数字が多いのか少ないのかはよくわかりません。
でもその1通1通に、書いてくださったおひとりの人がいることを
あるかたのお便りが改めて教えてくださいました。

そのお便りをご紹介します。アサさんとお呼びさせていただきます。

イエス様は、いろいろたくさんの人のために死んだわけだから、
結局、その他大勢なのかなあ、自分は、
って最近は思います。

目立つために自己アピールとかしなきゃいけないなんて、
現実世界とおんなじなの?

このまま、何も変わらず、毎日毎日。
そんで死んでくんだろうなあ、って思います。

こういうことって、グチ扱いされることがままあり、
すごくムカつくんですよね。
こっちは心の思いをしゃべってるのに、なにグチって、と。

こういうのって人間にはしゃべらないほうがいいんだ、
って最近はあんまりしゃべらなかったりしてました。

なんの才能もないし、なにをやってもムダ。
生活はめんどうなことばかり。
召使いみたいなことばっかりやってる。
バカみたい。
もう生きていなくてもいいな、と思います。

続きを読む>>(ブログ「よな子の夜な夜な話」が開きます)