今のあなたへ

ゴスペルシンガーKishikoさんの新番組、「Kishikoのひとりじゃないから」
もうお聴き頂けたでしょうか!

この「ひとりじゃないから」という新しい番組名は
Kishikoさんの新しい6枚目のCDアルバムとそのタイトル曲でもあるのですが、
そこにはKishikoさんの、ある強い想いが詰まっているんです。

「あなただけじゃない」「ひとりじゃないよ」
そういうメッセージは色んな詩や曲のテーマになっていますよね。
わりといろいろな所で目にしますし口にもします。
でも、ここで歌われている「ひとりじゃないから」というフレーズは、
実はそういうものとは全然違うんです。

「ただの一般論として漠然とあなたはひとりじゃない、と歌いたく無いんです。
誰かを想い、今現実にあるその人と私との関係の中で歌う事で、
あなた一人じゃないよ、私も、そして何より大きな神様がついているから大丈夫よ!
と心から気持ちを込めて歌えるわけです。」

ハッとさせられました。ゴスペルってまるっきり信仰の告白なんですね。
当たり前かもしれませんが、神さまが主役の歌なんだって改めて思わされました。

もしかしたら、私とあなたは見ず知らずの間柄かもしれないけれども、
でも、主イエスは、誰にとってもお一人の神さま。
その関係の中でこそ、本当の意味で人が人と繋がれてゆく。
たとえ私たちの気づかない、見えないところでも繋がってゆく…

「例えば、『私は世の終わりまであなたがたと共にいる』例えば『安心しなさい私だ。恐れることはない。』
こういうイエス様の『私』だとか『あなた』という言葉が、すごく今の私個人に迫ってくるんです。
だからこそ慰めのことばが響くのだと思います。」

kishikoさんの決して、激しく大きくは無いけれど、
でもこころの奥までしみとおるような深みのある特別な声。
今回は、そのヒミツを教えて下さったような気がしました。

どうぞ放送をお聴きくださいまして、
神様を仰ぐ幸いを共に味わいましょう!


Kishikoのひとりじゃないから
Kishiko(ゴスペルシンガー)
毎週土曜日更新
第1回「今のあなたへ」

番組を聴く>>
番組のご感想をお待ちしています>>