わたしの目標

コロサイの信徒への手紙2章18節から、ヴァルター・リュティ牧師は、
「そもそも、私たちは目標を持っているだろうか?」
と私たちに問いかけます。

私自身をふりかえると、しっかり計画して物事を遂行することは大の苦手。
これは身につまされるな…と思いつつ聴いていると、
驚くべきことばが語られました。

「私たちの時間的な計画は、真実な目標ではありえない。
…それらのものは、最も好都合な場合でも墓場までという短い時間の間、私たちを満足させるであろうが、
その墓場では、私たちを非常な困惑の中で立ったままにしておき、横たわったままにしておく。」

「墓場までという短い時間」すごい言葉ですね…。
つまり死ぬまでの事をずっとぬかりなく計画していたとしても、
それでは全く不充分だ!と断言されている。
完璧に思えるかもしれないが、それは「目標のための目標」でしか無いのだと。

まあ、それはある意味、キリスト教の説教なのだから
当たり前だろう…、と思われるかもしれませんけれども、
その後に、こうも語られているのですね。

「私たちの目標を狂わせるものが、…キリスト教的形態においても表れることがあり得る。」
「一人よがりの礼拝と、わざとらしい謙遜。様々な敬虔な規定の網。
 自分で作って、わざとらしい謙遜と、天使礼拝の中で登ってゆく天の階段。…」

思い当たるフシがあるのです。
しっかりと礼拝を受けていれば、この世の事は、まあ二の次で良いと。
でも、そういう考えは結局、
この世の事から逃避する「私たちの時間的計画」
の一部に過ぎない様な気がしました。

では、どうすればいいのか。
まるで出口の無い迷路に入ってしまったかのような感じがします。
私たちの人生には、そもそも正しい目標など
立てられないのかも知れません。

でも、そこで思い起こしたいのです。
何より、主イエスご自身が、
人間としてこの迷路に飛び込んで来てくださった事を。
そして逃げずに、十字架の上で
「成し遂げられた」と目標を達成してくださった。
このような私の為に。

一体どこを目指し、私はこの人生を歩んでいるのか。
私たちの最終目標とは一体何なのか。
それを知るのは、やはりこのお方の姿からでしかあり得ない。
そのように思わされています。


朗読『この日言葉をかの日に伝え―W.リュティ小説教一日一章』
毎週火曜日更新

第57回「最終目標」
番組を聴く>>
番組のご感想をお待ちしています>>


【書籍のご案内】
『この日言葉をかの日に伝え―W. リュティ小説教一日一章―』
(新教出版社発行・井上良雄訳)

詳細はこちら>>(新教出版社サイト)
ご購入はこちら>>(教文館サイト)