どこに希望が

どこになお、わたしの希望があるのか。
誰がわたしに希望を見せてくれるのか。
それはことごとく陰府に落ちた。
すべては塵の上に横たわっている。
(ヨブ記17章15〜16節)

もうすぐ今年も終わり。
みなさん、聖書通読は続いてますか…?
旧約聖書はヨブ記に入ったところですね。

ヨブの友人たちは、本当に思いやりと善意にあふれた人たちだと思います。
なんとかヨブを慰め励まそうとお見舞いに行ったけれど、
あまりに悲惨なヨブの状況に言葉を失い、7日間も黙ってヨブのそばに座り続けたのですから。

でも、ヨブの嘆きの言葉を聞くと、
「それは聞き捨てならない」と今度はヨブを教え諭すようになる…。

たしかに、理不尽な苦しみに遭っている人に正論をふりかざしても、
何の慰めにもならないし、かえって苦しめることになってしまうでしょう。
でも、この友人たちの気持ちも分からなくはないなぁ…と思うのです。

「私は正しい、潔白だ」と主張するヨブに、
「いやいや、そうは言ってもあなたも人間なんだから、完全ではないでしょう。
誰にでも罪があるのだから、神に口答えするなんてとんでもない」と。

それでも神に訴え続けるヨブ…。
神様から「無垢な正しい人」とお墨付きをいただいたほどの人。
そもそも、ヨブの受けた苦しみのきっかけ自体、神様とサタンの駆け引きみたいなものだし、
ヨブにしてみればたまったもんじゃない(もちろんヨブは知らないことでしょうけれど)。

あれこれ思い巡らしながら今日の通読箇所、ヨブ記17章を読んでいた時、
6節の「わたしは顔につばきされる者」という言葉に目がとまりました。
たしかイエス様も、顔につばきをかけられたんですよね。
そして8節の「罪のない人よ」という言葉。

本当に罪がないのなら、こんな理不尽極まりないことはない。
罪のない人に、神ご自身が手を下す、あってはならない事が起こった。
それがイエス様の十字架だった…。

「どこになお、わたしの希望があるのか。
誰がわたしに希望を見せてくれるのか。」(15節)

ヨブの叫びが、イエス様の叫びとして聞こえてきました。

* * *

毎日、神の言葉を味わい続けるために、
ご一緒に聖書通読をしてみませんか?

NEW 2018年・聖書通読表のダウンロードはこちら>>
2017年・聖書通読表のダウンロードはこちら>>