究極の願い

今回の「恵子の郵便ポスト」の、まっすぐな思いそのままに綴られたお便りに、新鮮な感動を覚えました。

やっと造り主なる神様、そのひとり子のところにやって来たのです。
どうぞあわれに思い、教えてください。
主のための私になれますよう・・・
たくさんたくさん苦しんできました。
やっとイエス様の教会にやって来ました。
すみっこに居させて、光の子になれますよう・・・
私をイエスをいただくクリスチャンにさせてくださいますようお願い致します。

恵子さんはこのかたの願いを「究極の願い」と言っていました。

私にも、日々の中で浮かぶ様々な願いや、長い間ずっと願い続けている事があります。
どれも私にとってはとても大切なことです。
でも、それが叶ったか叶わなかったかが結果のすべてで、
それによって私の人生を決められてしまうのか・・・?

いや、決してそうではなく、
あの願いやこの願いのもっと奥にある、私の究極の願い、
それを願い始めることが、今、私が本当にすべきことなのではないだろうか・・・?

たくさん苦しんでこられ、今、ガンにおかされているとおっしゃるこの女性が願う「究極の願い」に誘われて、私もイエスをいただかせてくださいと願います。

番組を聴く>>
番組のご感想をお待ちしています>>