国を愛するということ

村上伸先生による番組「あなたはどう生きるかー現代キリスト教倫理」。
今月のテーマは、「国を愛するということ」です。

国を愛する…

私は、正直身構えてしまいます。
人を愛しましょう、とか。
家族を愛しましょう、とか。
同じ「愛」の言葉であるはずなのに、
どうも、そのように思えない。

一つには、そこに政治的活動の影を感じるからでしょうか。
時に、過激な主張が他人を暴力的に捻じ伏せる
そんな光景を直接では無いにせよ、
目にし、耳にしてきた経験があるからなのだと思います。
そして、そのようなものにできるだけ自分は関わりたくないものだと
今まで避けてきたのでした。

しかし、村上先生のお話を聞いて、
“自分が関わりたくないからといって、それは愛すべきものではないのか?”
という想いが湧いてきたのです。

「敵を愛しなさい」

当たり前に知っているつもりで、
私はこの言葉について何も知らなかった事を思わされました。

鑑みるに、キリストがしてくださった事とは全くズレた生き方。
私は物事を選り好んで愛そうとしていたのですね…

何か人間の力に拠るのではなく、迎合するのでもなく。
でも、困難だからといって、問題を無視するのはおかしい。
まるで愛が無いような現場になっているならば、
そこに神の愛を運ぶ者こそがキリスト者なのではないか…

私には何が出来るとも思えません、
ましてや国のことなど…
でも精一杯、人を愛す。主の愛によって愛す。
自分の出来る一生懸命を成したいと願います。


あなたはどう生きるかー現代キリスト教倫理
村上 伸(日本基督教団隠退教師)
毎週土曜日更新

「第九部『国を愛するということ』」

番組を聴く>>
番組のご感想をお待ちしています>>