聖書がわからない・・・

聖書って、もっとわかりやすく書いてくれてたらよかったのに・・・
と思ったこと、ありませんか?

私は結構よく思うんです。
わざとわかりにくく謎のように書いてるんじゃないだろうか?と思うことすらあります。

よく、「そういう箇所にこそ神様の恵みがあるんだ」と聞きますが、その恵みはすぐには見えてこない・・・
時間をかけて、繰り返し読み、祈り求めながら・・・と、かなり忍耐がいるような気がします。

一人でそれをやるのはなかなかしんどいことだなと思います。
だからぜひ、聖書通信講座「ティールーム」で、その忍耐のいる「恵み捜し」をご一緒にできたらと願っています。

この聖書通信講座を「始めたいのだけれど、でも・・・」と悩んでいる、ミカさんからのお便りをご紹介します。

FEBCの聖書通信講座を始めたいと思っています。
でも、私はイエス様の教えがなかなか理解できない人間なのです。
十字架や復活がとても大事だとは思うのですが、よくわかりません。

「聖書のわからない箇所にこそ大切なメッセージが隠されている」と聞きます。
でも、わからないところから何かを読み取るなんて、私には不可能な気がします。

「イエス様、どうか私の心に触れてください」とお祈りしていますが、「どうせわからないんだから」と読む前からあきらめている自分がいます。
だから洗礼も受ける気になれません。
こんな気持ちで聖書の勉強を進めていいのでしょうか。

正直なお気持ちをお便りくださってありがとうございます。
ミカさんは本当にイエス様に招かれていらっしゃる!
今、イエス様と出会う道をもう歩みだしていらっしゃる!
お便りをお読みして、そう思ったんです。

だって、自分にはわからない、これから先も何か理解するなんて不可能、と思いながら
「もうやめよう」というのではなくて、「FEBCの聖書通信講座を始めたい」って書いてくださいましたよね。
これってすごいことだと思うんです。

わからないけれども、でもやめてしまえない、
ここに自分にとって本当に大切な「何か」がある、

「理解できない」「わからない」っておっしゃりながら、
ミカさんは、もっと大切な「何か」に惹かれていらっしゃるのだと思いました。

そして実は、その「何か」を捜し求めることこそ、聖書を読む目的だと思うんです。
何かを理解することじゃないんです。

だから、「わからないところから何かを読み取るなんて、私には不可能な気がします」って書いてくださったけれど、ホントその通りで、誰にも不可能だと思います。それでいいんです。
聖書から何かを読み取ろうと努力することはやめちゃってください。
ミカさんが祈っているように、「イエス様、どうか私の心に触れてください」、私たちはそう祈り求めることしかできないんだと思います。
そしてきっとイエス様は、もうこの祈りに答えてくださっているんです。
わからない聖書だけれど読み進めていきたいと思って、こうしてお便りくださったのは、イエス様がミカさんのお心に触れてくださっているからではないでしょうか。

私たちが何かを読み取るんじゃなくて、イエス様がそこに生きて、私たちを呼び求めている、そのイエス様と出会うんです。
理解するんじゃなくて、出会うんです。

ミカさんは、イエス様に呼ばれて、今もうイエス様と出会う道を一歩踏み出していますから、どうぞぜひ聖書通信講座をお始めください。ご一緒に聖書を読みながらイエス様を訪ね求めていきたいです。
そしてぜひ、聖書を読んでの思いをまたお便りください。お待ちしています。

皆さまからのお便り、ご感想をお待ちしています>>

聖書通信講座「ティールーム」について>>