「証人となる」ため

なぜ、イエス様のご生涯を黙想するのか。
英神父はそれを、私たちが「証人となる」ためと言われます。
私は今回これを聴いて、「あっ、そうだ!」
と改めて思わされました。

「証人となる」…。
特に私は「証」が苦手でした。
まあ、今でも別に得意?なわけではないのですが、
思い違いがあったのですよね。

頭ではわかっているつもりでも、
ついつい、「成功体験」と混同してしまうんです。
大病が癒やされたとか、驚きの出会いがあったとか、
そんな大きな事でなくても、
「いい話」がしたいなあと思ってしまうんですよね。
出来る限り信仰的確信に満ちた、ドラマのあるお話がいいなあと(笑)。

でも、証人ってそういうものじゃないですよね。
波乱万丈に、大逆転。があればカッコイイかもしれないけれど、
本当に求められているのは、
私と共におられる主イエスのお姿を
ありのままに示してゆくこと。

都合よく切り取った自分の理想のドラマではなくて、
静まって、ただただ主と私のリアルを見つめる。
それこそが黙想の本懐なのだなあ…と番組を聴きながら感じさせられました。


イエスの生涯を黙想する
英 隆一朗(カトリック・イエズス会司祭、麹町教会助任司祭)
毎週月曜日更新
第26回・最終回「なぜイエスの生涯を黙想するのか」

番組を聴く>>
番組のご感想をお待ちしています>>