語り伝える霊

五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、
突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、
彼らが座っていた家中に響いた。
そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、
一人一人の上にとどまった。
すると、一同は聖霊に満たされ、
“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。
使徒言行録2章1〜4節

これまで、聖霊降臨の場面を読みながら、
その様子をなんとなくイメージしてはいたのですが、
改めて「炎のような舌」という言葉が目にとまりました。

「舌のような炎」ではなくて、「炎のような舌」なんですね。
燃える炎のようではあるけれども、その実態は「舌」。
(…あまりリアルな想像はしにくいですが…)

やはりそれは、「語り伝える」霊だからでしょうか。
炎のように熱い、神様の愛を…。

わたしは父にお願いしよう。
父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。
この方は、真理の霊である。
ヨハネによる福音書14章 17節

主イエス様が約束して下さった聖霊降臨。
そこから福音宣教が世界に広がり、やがて日本にも。
そして、今ここにも。

主イエス様が、聖霊によって私たちと永遠に一緒にいてくださる。

この幸いを語り伝えるFEBCの働きに、あなたもぜひご参加ください。
特に、聖霊降臨を祝うこの季節、
ペンテコステ献金へのご協力を心よりお願い申し上げます。

◇◇◇

【クレジットカードでのご献金】

1. ご希望される献金額を入力してください。(500円から1円単位でご指定できます)
2.「次へ」ボタンを押して下さい。決済手続きのページに進みます。

*日本国内の方↓

円  

*外国にお住まいの方↓

円  

※郵便番号に英字が含まれる場合は、誠にお手数ですが「ZIP CODE」欄には任意の数字をご入力下さり、下方のテキスト入力欄に正しい番号をご入力下さい。

***
その他のご献金方法はこちら>>