御言葉とのお付き合い

第一印象は大切だと言われますよね。
特に、面接やお見合いなどは、それで決まってしまうと思うと…緊張しますよね。

でも、本当にその人を知ろうとしたら、一度だけではわかりませんよね。
何度も会っていくうちに、最初の印象と全然違った、ということもあるし、
長い付き合いだけれど意外な一面を知ってびっくり!なんてことも。

聖書を初めて読んだ時の第一印象を覚えてる方はおられるでしょうか?
最初の印象と、今の印象とは同じですか?
「相変わらず難しくて…」という方もおられるかもしれませんね。

でも、御言葉が分かるとか分からないとか、意味を理解するということよりも、
「御言葉と付き合うことが大切」だと小林和夫先生はおっしゃいます。

御言葉とお付き合いをすること。
そう言われると、わからないことがあっても大丈夫だと思えますね。

誰かと会って語り合うように、時間をかけて繰り返しお付き合いするうちに、
御言葉と親しくなって、新しい発見があるかもしれません。

なかなか理解できない私たちに、あの手この手で語りかけてくださる神様。
神様の方こそ、私たちにとことん付き合って下さってるのですね。

そして神様が語りかけて下さる御言葉の究極が、イエス様ご自身。
御言葉とのお付き合い、それはイエス様とのお付き合いなのですね。


小林和夫氏「まことの目撃ールカによる福音書ー」幸いを告げるうた―詩篇(再)
小林和夫(日本ホーリネス教団東京聖書学院教会牧師)
第3・4金曜更新
「自ら語りたもう神」(詩篇19篇)

番組を聴く>>
番組のご感想をお待ちしています>>