くりかえし聴く恵み

先週土曜日から放送が開始された、
小田武彦神父様の説教による番組「神への傾聴」
もうお聞き頂けましたでしょうか?

主日のミサの聖書日課、音楽、そして説教を
吉崎恵子の朗読を交えて再構成したシンプルな番組です。

でも、あまり他の番組に無いようなところもありまして、
なんと(?)同じ福音書の箇所が二度読まれるんです。

まずは、説教の前に小田神父様が。
そして、お話の後に、吉崎恵子が。

しつこいよ!一度でいいよ!って思われるかもしれませんね。
でも、この番組ではその通りしつこーくじっくり聖書に聞いていくんです。
そして、それこそが「神への傾聴」というタイトルに込められた
FEBCの願いです。

ぜひみなさまにも体験して頂きたいと思います。
実際、説教を聞く前と後ではそこで感じる
みことばの姿形が全く変わっているんですよ。
本当に不思議なことです!

繰り返し聞く中で、深められていく福音のあじわい。
今まさに、この御言葉は生きておられ、
そして、常に新しいお方であるという事を感じつつ…

ぜひ共にお聴きくださいますように。


神への傾聴
小田武彦(カトリック・大阪教区司祭、聖マリアンナ医科大学特任教授)
毎週土曜日更新

第1回「存在の中心から受け止める」
使徒8:5〜8、14〜17、1ペトロ3:15〜18、ヨハネ14:15〜21

番組を聴く>>
番組のご感想をお待ちしています>>