母の祈り

リスナーの方がメールの最後にひと言、
こう書いて下さいました。

地味であまり話題にもなっていませんが、
杉本先生の「祈り」は とても秀逸な内容だと思います。
折りに触れ、励まされますね。

そうそう、そうなんです!
分かってくださって嬉しいです。

今ここで話題にしましょう!
聴いた方は、みなさん分かりますよね。
杉本先生は毎回、本当に嬉しそうに話されるんです。

祈ることは、こんなにも楽しい。
この祝福をぜひご一緒しましょう!と

今週の放送では、杉本先生がお母様のことを話しておられます。
そして、この讃美歌を思い起こしました。

まぼろしの影を追いて 浮き世にさまよい
移ろう花に誘われゆく 汝が身のはかなさ
春は軒の雨 秋は庭の露
母は涙かわく間なく 祈ると知らずや
(讃美歌510番)

お母様の涙の祈りがあったからこそ、
杉本先生は「祈りの人」になられたのですね。

ぜひお聴き下さり、ご感想もお寄せ下さい!


祈り―親しき語らいへの扉
杉本 勉(日本ホーリネス教団上野教会元牧師)
毎週木曜日更新

第30回「御国が来ますように」

番組を聴く>>
番組のご感想をお待ちしています>>