私もユダと同じです

マタイ福音書27章には、イエス様を裏切ったユダが、後悔して自殺したことが書かれています。
このユダの自殺は、何度読んでも、どう受けとめたらいいのかわからない、「なぜ」と問わずにおれない出来事です。

今回の「Echo of Voices」でご紹介しているのは、この箇所をお読みになったUさんからのお便り、
「私もユダと同じです」と綴られていました。
そして、パーソナリティの長倉も「僕もそうだ」と。

確かに、自分もイエス様を裏切るという点では、ユダと同じだなと思います。
でも、後悔して自殺するという点では、自分はユダとは違うと思っていました。

けれども、このUさんのお便りと、長倉の話を聴いていて、
自分の中にある、意外な気持ちに気づかされました。

それは、自殺したユダをどこか敬うような気持ちなのです。

イエス様のことを「知らない」と否んだペトロや、イエス様を見捨てて逃げてしまった弟子たち、
それでもイエス様に赦されて生き延びた彼らよりも、
イエス様を裏切ったことを後悔した末に、自ら死を選んだユダのほうが、
悲劇だけれどもどこか立派というか・・・
そんなふうに思う気持ちが自分の中にあることに気づいたのです。

ただ一方的に赦されるだけであるよりも
自分で自分を裁きたい
それがユダであり、私なのだと。

Uさんのお便りの最後はこう締めくくられています。
「十字架の主に立ち返り、罪を悔い改め、赦されたことを感謝できる自分でいたい」。

私たちが自分で自分を裁く時、主イエスの十字架は私たちに語ります。
「ここにあなたの本当の裁きがある。ここにあなたの本当の赦しがある。ここに立ち返れ。」
この十字架の言葉を聴き続けたいと願います。


Echo of Voices
長倉崇宣(日本FEBCスタッフ)
毎週月曜日更新
「私もユダと同じです」

番組を聴く>>
番組のご感想をお待ちしています>>