疑うことの大切さ?

「ただただ、信じましょう。」
説教で語られ、賛美にもよく歌われるフレーズですね。
本当にそのような者でありたい、と私も祈っています。

でも、今月の「イエスの、ことばの、その根」で
雨宮神父が語られたことは、
それとまるっきりぶつかってしまうような内容なんです。

疑いというものは、
信仰者にとって起こるべくして起こること。
しかもそれが、しかたがない、といったものではなく、
主イエスご自身によって、
意味、価値を見出されていたというのですね!

信じるとは、一体どういう事なのか?
信仰とは何なのか?

今回は「疑う」という真反対にある様なキーワードから、
その事を深く深く探っていきます。


イエスの、ことばの、その根
―雨宮神父の福音書講座

雨宮 慧(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)
毎月第2金曜更新
「『信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか』ーなぜイエスは疑う者を遣わすのか」

番組を聴く>>
番組特設サイト>>
番組のご感想をお待ちしています>>