年末感謝の祈り

本年最後の「祈り―親しき語らいへの扉」。
「あなたにとって、今年はどういう一年でしたでしょうか?」と、
杉本先生は私達に語りかけます。

楽しい一年だったという方もおられるでしょう。
新しい発見、成長の一年だったという人も。
むしろ、悲しみにくれた年、
別れの一年だったという方もおられるかもしれません。

それは人によって様々…
しかし先生はどんな人にとっても、
この一年を結ぶにふさわしい祈りの姿勢があるのではないか。
誰であっても「感謝の祈り」が出来るのではないだろうか?
と述べられています。

一体どうしてでしょうか?
なぜ、そう先生は語られるのか。

それは、ぜひ番組をお聴きいただければ幸いです。

今年も、もう残す所あとわずか。
この一年、主から自分に与えられた物事を
ゆっくり心に思い巡らし、感謝しつつ、
また新しい一年に向かう備えの時を得たいと思います。


祈り―親しき語らいへの扉
杉本 勉(日本ホーリネス教団上野教会元牧師)
毎週木曜日更新

第39回「年末感謝の祈り」

番組を聴く>>
番組のご感想をお待ちしています>>