それが、あなたの礼拝

今回の「恵子の郵便ポスト」では、
聖書通信講座にお申し込みくださった、ある女性からのお便りをご紹介しています。

私の子どもには重度の知的障害があります。毎週の礼拝には何とか出席していますが、子どもが逃げ出したり、怒ったりするため、途中で帰らざるを得ないこともしばしば。御言葉を求めて教会に行っても、礼拝もささげられない状況に疲れてしまい、神様にも見放されているような気がして、どうしようもない孤独感に襲われます。自宅で聖書を読んでいても、目の前の現実に心を捕らわれてしまい、なかなか御言葉が入ってこなくなってしまいました。…

本当にお聴きしているだけでも、胸が痛む様な…

教会が、教職や信徒の方が出来ることもあるでしょう。
この方が一人で全てを抱え込まないために、
お子様の事を理解し、周りが助け合うということも必要だと感じます。

でも、そういった支え合いの大切さと同時に、
恵子さんはあることを言っていました。

「あなたの礼拝をすればいいんです。大丈夫。」と。

「あなたの礼拝」とは一体何なのか?
聴き終わった後、私はとても重要なことを
見落としていたと思わされました。

もちろん周りの人とどう関わっていくかは大切な事。
でも、それ以上にすでに深く深く
関わってくださっているお方がおられる…

「礼拝」とは何か。
改めて放送から聞いてみたいと願います。


番組を聴く>>
番組のご感想はこちらから>>