もう二度と祈らないと決めていたけれど…

今回の「コーヒーブレイク・インタビュー」のお客様は
小児科医、精神科医の石川憲彦さん。
明るくユーモアに満ちたその語り口で、ご自身の専門である「障碍」のこと、
また、これまでの人生の歩みについて、お話くださいました。

実は石川さん。高校生の時に洗礼を受け、一時は牧師を志したほどでしたが、
長い間教会を離れた時期があったとのこと。

「私の身はどうなってもいいから、これが最後のお願いです!」
ある時こう祈りながら神様に誓ったので、
なんと本当にそれからは二度と祈らないおつもりだったのだそうです。

でも、何度も命を絶とうとする
ある患者さんに出会った時に…

もう神様に頼らない!と心に決めていても、
むしろ祈らざるを得なくなり、そして教会へと再び導かれていく。
その主イエスの不思議なわざ…
人間の力を超えた神様のわざ…

きっとその様なご経験をされたからでしょうか。
障碍や病気についての私達の認識・常識を
まるっきり覆してしまうような、
目からウロコなお話の数々。
そこからは、神様から与えられた福音の温かみ、主の自由さが豊かに流れていました。

ぜひ皆さまもお聞きください!
なお、この番組の放送は7月20日からとなっております。


コーヒーブレイク・インタビュー
石川憲彦氏(小児科医、精神科医、「林試の森クリニック」元院長)
7月20日放送
毎週土曜日更新


聴取期限8/2
(約30分)

番組のご感想をお待ちしています>>