「信じることができない」と祈っていい?

今回の「恵子の郵便ポスト」では、聖書通信講座を受講されている
ある女性の方のお手紙をお読みしました。

(聖書通信講座の)マタイ2章のガイドに「私はキリストの十字架も復活も信じることの出来ない者です、と祈るのです。」とありびっくりしました。
私も信じることの出来ない者ですが、そんな祈りが聞かれるのでしょうか?…

確かに、不思議な祈りですよね。
そもそも信じきれていない相手に対して祈るなんて事、
すごく矛盾しているような…

信仰深さといった言葉を聞くと、
はっきりとした信仰、ブレないこころ。
普通はそんなイメージが浮かんできますよね。

しかし、このご質問に対し、
「祈っていいんです。当たり前です!」
と答える恵子さん。

なぜならば、祈りとは自分のこころのうちを
正直にお話することなのですから、と。

正直さ。

むしろ、信仰者ぶって言葉を並べて
イエス様に正直で無いことを言ってしまっているかも…
と思ってしまいました。

祈りの事、改めて考えさせられています。
ぜひ番組を共にお聞き下さい。


「信じることができない」と祈っていい?

聴取期限12/4

番組のご感想をお待ちしています>>