「求めよ」とは言っているけれども

今回ご紹介する、竹森満佐一先生の「幸福宣言―主イエスの山上の説教に聴く」では、
この有名なみ言葉の箇所について解き明かしがなされています。

求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。(マタイによる福音書7章)

そして、ここでまず先生が注目するのは、
「求めよとは言っているけれども、何を求めよとは言っていない」という所でした。

みなさんは、これをどう考えるでしょうか。
「何を求めよとは言っていない」
…まあそれはそうだけれども、そんなことを敢えていちいち言わずとも
たぶん、信仰のことか何かでしょう…?と思う人も実は少なくないのではないでしょうか。
実際、私は思いました(笑)

でも、改めて放送を通して聞いて思ったのですが、
「信仰のことか何か」だなんて、
そんな漠然としたことを語ってしまう私のようなぼんやりクリスチャンにこそ、
先生はこうして語っておられたのだなあ…と。

あー。。。主よおゆるしください…
という思いです。

私達が求めるべきは何なのか。
決して曖昧では終わらないイエス様の言葉を、
放送からご一緒に追い求めたいと思います。


幸福宣言―主イエスの山上の説教に聴く
第47回 マタイ 7:7〜11、エレミヤ 29:10〜14
竹森満佐一(日本基督教団元牧師)
8月24日放送

聴取期限9/20
(約22分)
※当番組だけをお聴きになる場合はチャプター機能をご利用ください。
詳しくはこちら>>

番組のご感想をぜひお寄せください>>