ご支援ください


FEBCはリスナーの皆さまのご献金によって支えられています。

今日まで1日も放送が途絶えることなく続けてこられましたのは
FEBCを必要としてくださる方々の
お祈りとご献金によるお支えがあったからこそです。
心より感謝申し上げます。

同時に、現在、経済的に非常に厳しい状況が続いております。
ぜひこのページをお読みくださり、
支えるおひとりになっていただけましたらと願ってやみません。

クレジットカードで献金する>>
その他の方法で献金する>>

1,476人(2016年10月末現在)
定期的にご献金くださるFEBC維持会員の現在の人数です。

特定の企業や団体ではなく、リスナーお一人ひとりに支えられている放送局。
それがFEBCの特徴です。

33%
この14年間で実に維持会員の約3割が減少しました。

放送開始65周年を迎えたFEBCは、厳しい危機に直面しています。
長引く経済の低迷や確実に進む高齢化。
献金どころでないといった切実な声も多く寄せられています。

「歯止めがかからぬ維持会員の減少」

 

 

99%の同胞
かつてある精神科医が仰いました。

「病院に来ることのできる方は、患者さんのエリートです。
最も医療を必要としている方は決して病院に来ることができません。
教会も同じように思えるのです。」

ここにFEBCの使命があります。
神の恵みに漏れる人は一人もないと信じるからです。

主イエスは言われます。

「わたしには、囲い入っていないほかの羊もいる。
その羊もわたしの声を聞き分ける。
こうして、羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群になる。」
ヨハネ10章16節

主イエスは今日もFEBCの放送を通して
教会を越えて自由にお一人ひとりと出会ってくださいます。

そして、あなたも…
FEBCはこの主イエスにお従いし、すべての人に与えられている福音にご一緒に与りたいと願っております。

厳しい経済状況の中、様々なご事情で献金が困難な方も多くおられます。
だからこそ、この国のこの時代に共に生かされている同胞をお覚えくださり、FEBC維持会員として、この使命をご一緒に担っていただきたく、心よりお願い申しあげます。

クレジットカードで献金する>>
その他の方法で献金する>>
よくあるご質問>>


わたしたちもFEBCを応援しています

小林和夫氏

FEBCと私は、37年間を共に歩んで参りました。多くの方々が放送を聞いて信仰に導かれたことを実際に見聞きし、これからも主イエスが、この国に語り続けて下さると確信しています。
東京聖書学院教会牧師、東京聖書学院名誉院長兼教授、
アジア神学大学院顧問 小林 和夫


幸田和生氏
「孤立」ということは、多くの現代人が抱えている問題です。その中で、神と人・人と人とのつながりを取り戻すための大切な働きをしてくださっているFEBCを、わたしも応援しています。
カトリック東京大司教区補佐司教 幸田 和生


渡部 満氏
FEBCの使命は放送伝道ですが、文書伝道をしている教文館の仲間です。労多く、報いの少ない仕事ですが、力を合わせて福音のために精一杯働いています。
(株)教文館代表取締役社長、
日本FEBC理事 渡部 満


◆全国各地の教会もご支援くださっています

取材先の教会や、FEBCの伝道にご賛同くださる多くの教会がご支援くださっています。心より感謝申し上げます。
支援教会リスト>>


◆日本FEBC理事会 ※50音順

◇理事長:江藤直純
◇専務理事:鈴木誠司
◇理 事:井幡清志、齋藤昌男、平野克己、福嶋裕子、山本与志春、渡部満、吉崎恵子、長倉崇宣
◇監 事:野川忍、藤井良昭


ページトップへ↑