一番大切なこと

今回の「神父さま、こんなこと聞いてもいいですか?」で、百瀬神父さまは2つの問いを投げかけています。

ひとつめは「あなたは人間にとって一番大切なものを見出していますか?」

そしてもうひとつは「人間は自分で神様に向かって生きることができますか?」

うーん。ひとつめの問には「はい」と答えたいところなのですが
本当にそう言い切れるか、自信がありません。

2つめの問いには自信をもって(?)「いいえ」と答えられそうです。
でも、そう答えた後、ではどうしたらいいの?という次の問いが出てきてしまいます。

あら?そもそもこの番組は、神父さまが私たちの問いに答えてくださる番組だったのではないでしょうか?
いつの間にか、神父さまが私たちに問いを投げかける番組になっていませんか?

どうもこの番組は、ただのQ&A番組ではなさそうですね。
問うているはずの私が、いつの間にか問われている
そして問われている私が、また問うている・・・

もしかすると、神様と私たちの関係も、そうなのかもしれません。
神様に問うている私に、神様がくださるのは、「正解」ではなくて新たな問い・・・
だとしたら、この神様からの問いに答えようとしていくこと、
そして、さらに神様に問うていくことの中に、
神様からこの私への、本当の答えが隠されているのかもしれません。


神父さま、こんなこと聞いてもいいですか?(再)
百瀬文晃(カトリック・イエズス会司祭)
お相手:吉崎恵子
第3回「神に依存したくない」
10月19日放送

聴取期限11/1
(約22分)