これは本当か?

FEBCスタッフのよな子です。
もうすぐ今年も終わりですが、皆さま、通読の進み具合はいかがでしょうか?年内に読み終わりそうですか?
ラストスパート!と駆け足読みをしそうになりますけれど、読み終わること自体が目的というわけでもないのですよね。
クリスマスを前にした今、立ち止まって思い巡らしながら読むことができたら・・・と思います。
読みながら「ん???」とひっかかりを覚えることも、実は恵みへの入口なのかもしれません。

でもその入口は、どこへ出るかわからない・・・というか、出られるかどうかもわからない入口。
だから、入るのを躊躇してしまったり、「今は時間も余裕もないからまた今度」なんて言ってUターンしてしまうことも結構あるなあと思います。
要するに、ひっかかりを覚えてもそれ以上深く問うたり思い巡らしたりせずに読み過ごしてしまうのです。

でも、先日リスナーのかたがお寄せくださった‘ひっかかり’にすごく共感を覚えて、思わず私も一緒にひっかかってみたんです。
まずはそのお便りをご紹介しますね。ムーさんとお呼びさせていただきます。

私はよく、これは本当か?と思ってしまいます。
マタイ福音書21章31節でイエス様は言っています。
「徴税人や娼婦たちの方が、あなたたちより先に神の国に入るだろう。なぜなら、ヨハネが来て義の道を示したのに、あなたたちは彼を信ぜず、徴税人や娼婦たちは信じたからだ。」
でも、これは徴税人や娼婦を悔い改めてやめた人のことだと私は思ってしまいます。
食べていくためには、徴税人や娼婦をやめられない人もいます。
そんな人も神様は赦してくださり、救ってくださるのでしょうか。
私も、こんなことをしてはダメだと思っても、つい誘惑に負け、罪なことをしてしまいます。
そんな人も救われるのでしょうか。
その点が一番心配なことです。

続きを読む →