ゴスペル・チャリティー・コンサート

「ゴスペル・ミュージック」というと、どんなイメージが湧くでしょうか?
黒人のかたが力強くシャウトしている熱い音楽
私のイメージはそんな感じだったのですが・・・、

でも実は日本にもゴスペルクワイアがたくさんあるのです。
中でも、ハレルヤ・ゴスペル・ファミリーは、東北、関東を中心とした全国規模のゴスペルクワイアのネットワークを持つ団体で、
普段はそれぞれの場所で活動しているクワイアが、年に一度、一同に介して、合同チャリティー・コンサートを開催しています。

今年は来る7月8日(土)、埼玉県越谷市で開催されるのですが、
私たち日本FEBCの仲間であるアメリカFEBCのジョナサンご夫妻も招待されています。
教会で讃美リードもなさっているジョナサン氏、来日の際は日本FEBCのオフィスにもお立ち寄りくださる予定です。

70ものクワイア、総勢400人のメンバーが集結して歌声を響かせるチャリティー・コンサート。
なんと三味線とのコラボレーションという、異色な企画もあるようです。

ゴスペルとは福音。
クリスチャンの少ない日本で、このように大規模なゴスペルコンサートが開かれ、そこに福音の歌声が響き渡る。
お近くのかた、ゴスペルに興味がおありのかたはもちろん、普段は福音に触れる機会のないご家族やご友人もお誘いして足を運ぶことができたら素敵ですね。

コンサートの詳細へ>>(ブログ「よな子の夜な夜な話が開きます)