人が怖くて教会に行けない

FEBCのインターネットラジオの中で、一番よく聴かれている番組、何だと思いますか?
礼拝番組「全地よ、主をほめたたえよ」なんです。

初めてそれを知った時、ちょっと意外な気がしたんです。
でも、意外だと思ってしまったのは、私が、
教会に行くことのできない方々の切実な思いをわかっていないからなのだと思います。

教会に行けないからこそ、礼拝を求める思いは切実であることを
またおひとりのかたのお便りを通して知らされました。
リスナーのM子さんからいただきました。

ここ数ヶ月、教会に行けなくなりました。人が怖いのです。
教会は神様を礼拝する所なのに、情けないです。
礼拝したいのです。
しかし、対人恐怖に悩まされ、どうしたらいいのでしょう。


お辛いお気持ちを打ち明けてくださって、本当にありがとうございます。
神様を礼拝したい、そのM子さんの願いが伝わってきます。
でも、人が怖くて教会に行くことができない・・・そのご自分を情けないと感じてしまう・・・
それはどんなに悲しいことでしょうか。

でも、神様は、M子さんのことを本当によくよく知っていてくださいますよね。
礼拝したいのに人が怖くなってしまう辛さも、教会に行くことができない悲しみも寂しさも、神様は全部、ご自分の痛みとしてくださっていて、そのままの今のM子さんを愛していてくださるのですよね。
M子さんがご自分を情けないとお感じになっていても、神様にとってM子さんは、大切な神様の子どもです。
「そのあなたが、わたしの目には高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」そうおっしゃってくださるのですね。

M子さんは今、教会に行くことはできないけれども、神様の大切な家族であることに何も変わりはありませんから、どうぞ今は安心して教会をお休みになることができますように。
そしてぜひ、教会に行くことができないときには、FEBCの放送をお聴きください。
日曜日には礼拝の番組があります。
M子さんと同じように、いろいろなご事情で教会に行くことができなくて、でも神様を礼拝したいと願ってる方々が、放送を通して礼拝に与っていますから。
そのお一人おひとりと、神様は時間や場所を超えて共にいてくださる・・・M子さんは独りぼっちじゃないのですね。

そしてぜひまたメールをください。どうぞこれからもご一緒に歩ませてください。
M子さんに神様の祝福をお祈りします。