時と場所を超えた信仰

聖地旅行に行かれたことはありますか?
私はまだないのですが…
先日、スタッフの間で聖地旅行に行きたいか、行きたくないかという話が出たのです。

行きたい派の理由は、
「やっぱりイエス様が歩いた土地を自分も歩いてみたい」とか、
「時代は違っても、何か感じられるものがあるのでは」、
「死海で浮かんでみたい」(笑)などなど。

行きたくない派の理由としては、
「お金がかかる」「治安が心配」という現実的なものから、
「イメージが崩れてしまうかもしれない」というものもありました。
場所によっては観光地化されている所もあるのでしょうね。

それと「行く必要を感じない」という意見も。
そう言われちゃうと、行きたい派の人はガックリしそうですが…

でも逆に考えてみたら、「行かなくても充分」ってことですよね。
それって凄いことだなぁって思ったんです。

日本から遠く離れたイスラエルの地で、
しかも二千年以上前に起こったキリスト教信仰。
旧約時代まで遡ったら三千年以上前ですよね。

時間も場所も遠く離れているけれども、
今の私たちがキリストを信じることにおいては何の支障もない。
むしろ充分。

そう言えるのは、途切れること無く信仰が受け継がれ、
伝え続けられてきたからなんですね。

現在再放送中の「旧約聖書のこころ」、
そして「霊性の源流を訪ねて―古代教父との対話」は、
この信仰の源泉を尋ね求める貴重な番組。

先日から始まったFEBCライブラリーのサマーキャンペーンでは、
このお勧め番組が特別割引で発売中です。
ぜひご利用下さい。


特別に30%OFF!! 雨宮慧神父「旧約聖書のこころ」シリーズ&関川泰寛先生シリーズ
他にも全商品が20%OFFです。
FEBCライブラリー・サマーキャンペーン>>

***

さらに、今だけ25〜36%OFF早期予約で受付中!


「イエスの、ことばの、その根―雨宮神父の福音書講座」>>