「私はそこにいるだろう」

この4月より始まった、村上伸師の
「あなたの苦しみに、私もいるだろう―ヨハネの黙示録」。
みなさん、もうお聴きいただけましたでしょうか。

ヨハネの黙示録と言うと、謎めいた表現に、恐ろしげな描写。
読んでいても、うーん…これはどう受け取るべきかと
悩んでしまう様な書かもしれません。
実際、私はそうでした(笑)

しかし、そんな不思議な黙示録を、村上先生は
ご自身の経験を重ねつつ、時には涙ながらに説教されます。

「私はそこにいるだろう」

あなたの苦しみの中に、私もいる。
そう断言されるイエス・キリストの姿の恵み深さ…
私にとってこの様な解き明かしは
本当に新鮮な驚きであり、感謝でした…

終末の預言の書でありながら
今を生きる私達にとっての福音が語られる書、黙示録。
そのどちらの側面をも欠く事なく語られる
重厚な説教を、ぜひお聞きください。


「あなたの苦しみに、私もいるだろう―ヨハネの黙示録」
村上伸(日本基督教団元牧師)
第1回「過去も将来も主のもの」
ヨハネの黙示録1章1-8節

毎週木曜日更新

番組を聴く>>
番組のご感想をお待ちしています>>