生きるとは、キリスト

小林和夫先生の新番組が始まります!

今年、米寿を迎えられた小林先生がなんと40代だった頃の礼拝説教をお届けします。
ナビゲーターは、スタッフの服部みぎわです。

説教番組にどうしてナビゲーターが?と思われるかもしれません。
その役割は、「共に聴くこと」へのナビゲート。
説教を聴き、どんなことを感じたか、問われたか・・・
あなた様のご感想をぜひ、お聞かせいただきたいのです。

・・・と、こんなお願いをさせて頂きながら、
「共に聴く」ってどういうことか?
改めて考えてみると、分かるようで分からないな・・・
単に、同じ説教を聴けばいいという訳ではないのですよね。

ただ、ひとつ確かなことは、小林先生の説教に耳を傾けていると、
御言葉の喜びが心にあふれて、
「この説教を、ぜひご一緒に聴き、分かち合いたいな!」とつい思ってしまうんですよね。
もしかしたら、
小林先生を通して語られるイエス様が、
一人ひとりの名を呼んで「一緒に聴こう」と呼んでおられるのかも・・・?

この小林先生の説教を通して、
ご一緒に、イエス様のもとへ歩み出しませんか。


生きるとは、キリスト
小林和夫(日本ホーリネス教団東京聖書学院教会牧師)
ナビゲーター:服部みぎわ
第1回「イエス・キリストの受肉」マタイ1:18〜21
4月16日放送

聴取期限5/13
(約38分)
※当番組だけをお聴きになる場合はチャプター機能をご利用ください。
詳しくはこちら>>

番組のご感想をぜひお寄せください>>