頑張ってもいいのかな…?

知り合いのクリスチャンから言われたあることば。

「頑張る事は大嫌い。頑張るんじゃなくて祈るべきだ。」

それを聴いてからは、「頑張る」というワードに
どこかネガティブな印象を抱え続けていらしたというメグさん。
しかし、ある青春映画を観た事をきっかけに、
「頑張る」という事について改めて考えさせられた。
そのようなお話をしてくださいました。

…「頑張る」
クリスチャン皆がぶつかるテーマなのかもなあ…と
私は勝手に思っていますが、
今回、自分も色々な事を思い巡らしました。

もちろん人間の「頑張り」には限界があって、
簡単にそれが間違った方向に行ってしまう怖さがある。
その事は自分の歩みを振り返っても
ああ、そうだなあ、もっともだなあ、と思うんですが、

だけど、だからといって、
祈って神さまに全部お委ねしましょう、後は何もしなくていいです、
っていうのも、どこか寂しい気もするんですよね。
それこそがエゴなのかもしれませんが、
主との関係の中で、まるで、私が私で無くても良いような感じがする。

別に「正解」があるわけでは無いですけれども、
メグさんが番組中で言っていた言葉が心に残りました。

「頑張るという事の中で、色んな事があるなと改めて思わされたんですよ。
人と人とも深まるし、色んな人の愛情に触れる事ができるし、色んなことに気づく」

私の行いは取るに足らないものなのかもしれないけれども、
でも、そこにも確かに愛が働くんだなって、ちょっと安心したんですよね。
きっとその交わりの真ん中にも主イエスがいてくれるんだって。

少なくとも、「頑張ることを止める頑張り」は止めよう。
私はそう思わされました(笑)


MeguのCCM insight!Megu「MeguのCCM insight!」
第3・4金曜日更新

「Meguのトーク&MUSIC」

番組を聴く>>