注意深く、生きる

皆様のご健康はいかがでしょうか。
どうか主の豊かなお護りがございますように。

中川博道神父の「イエスとの対話の旅―現代霊性神学講座」
の新番組放送がいよいよはじまりましたが、皆様お聴きいただけましたでしょうか?
正直、このコロナウイルスの影響で、こころがとても乱れて、
番組を聴いているどころではない、という方も沢山おられるかと思います。

かくいう私も、現在、ウイルス防疫のため在宅で仕事をしておりますが、
有名人の逝去、感染者数の増加。この先どうなるのだろうか…
本当にいろいろな事に思いを奪われてしまっていたこの数週間でした。

しかし、だからこそです。
自分のこころがそうやって落ち着かない時であるからこそ、
ぜひ、私たちの信仰者としての生きる視座を定める、
この「霊性」という事に改めて目を向けたいと思うのです。

今回のテーマは、注意深さ。
中川神父様も、やはり一つの転機、危機の中である大切な出会いをしています。

私の母の口癖の一つは、「よく考えなさい」でした。今流行りの言葉だと「ボーっと生きてんじゃねーよ!」です。このことが自分の中で意識化されたのは2002年でした。当時私は修練長をしていたのですが、日本の責任者に選ばれて、あらためて何を呼ばれているのかを聞かざるをえないところに自分を置かれました。そんな時、大江健三郎の講演会のチケットを人から頂いたのです。演題は「ピンチの時は注意深く」!まさに、私のためのものだと思って行きました。…

私たちを招く主イエスの声。それを本当に聞き分けて行くためにはどうすればよいのか。
ぜひ、この難局を生き抜くために。大切なものを見失わないために、
番組からご一緒に学んでいきたいと願います。


イエスとの対話の旅―現代霊性神学講座
第一回「注意深さへの招き」
中川博道(カトリック・カルメル会宇治修道院司祭)
4月3日放送
毎月第一金曜日更新


聴取期限4/30(約48分)

番組のご感想をお待ちしています>>