この腕に神の救いを抱く

主よ、今こそあなたは、お言葉どおり
この僕を安らかに去らせてくださいます。
わたしはこの目であなたの救いを見たからです。

ある老人が、神を讃えた歌です。
「主をすでに迎えたのだから、安らかにこの世を去ることができる」と。
シメオンの歌として知られるこの歌は、クリスマスが私たちの生と死と深く結びついていることを物語っています。

「いつ死んでもよい」
これがクリスマスの喜びだというのです。

しかも、その腕にいだかれていたのは、
死ぬためにお生まれになられた神のひとり子。

なぜ生きているのか。
この人生にどんな意味があるのか。

さまようように生きる私たちに、救い主がお生まれになりました。
それは、あなたがその腕の中で神の救いを抱くためです。

主イエスが全ての人に与えられていることをこれからもお伝えするために、
この特別な季節、クリスマス献金による皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

会計報告と新たなご協力のお願いはこちら>>


【ご献金方法】

・クレジットカードによるご献金

1. ご希望される献金額を半角数字で入力して下さい。(500円から1円単位で指定できます)
2.「次へ」ボタンを押して下さい。決済手続きのページに進みます。

*日本国内の方↓

 円  

 

*外国にお住まいの方↓

 円  

※郵便番号に英字が含まれる場合は、誠にお手数ですが「ZIP CODE」欄には任意の数字をご入力下さり、下方のテキスト入力欄に正しい番号をご入力下さい。

・その他のご献金方法

郵便局からのご献金>>
銀行からのご献金>>