クリスチャン以外の人とどう付き合ったら?

ぜひ皆さまとご一緒に考えることができたらと思うお便りをいただきました。

洗礼を受けてから、クリスチャン以外の人と上手く付き合えなくなったように感じます。
特に、違う宗教を持っている友人や親戚を受け入れられなくなってしまいました。
こういう方々とどのようにお付き合いを続けていけばいいのでしょう。

最初このお便りを読んだ時は、
今までどおり普通にお付き合いすればいいんじゃない?
と思いました。
でも、何度か読み返しているうちに、少し違う思いが湧いてきました。

今このかたが感じていらっしゃる戸惑い、そしてFEBCに投げかけてくださったこの問いは、実はとても大切なことなのではないか?
教会に行けばクリスチャンがたくさんいるし、FEBCではイエス様を信じている人たちの話をたくさん聞けるけれど、
この日本の社会では、イエス様を信じている人はほとんどいません。
イエス様を信じ、イエス様に従って生きていこうと思って洗礼を受けたときから、
周りの方々との関わりに、
イエス様を信じる前には感じなかった違和感のようなものを覚えたこのかたの問い、
ぜひ皆さまとご一緒に、大切に問い、考えられたらと思います。

自分はこうしている、こう思う、
自分も同じことに悩んでいる、悩んだことがある
あるいはこのお便りから新たに気づいたことなどなど、
皆さまの声をコメントにお寄せください。
このコメントは2017年1月13日(金)まで受け付けています。