「あなたたちのことは全然知らない。」

正直であること。
とっても大切なことだけれど、これがなかなか難しいなあとつくづく思います。

でも時々、FEBCの聖書通信講座を受講されているかたから、ドキッとするくらい正直なお便りをいただくことがあります。
先日もそのようなお便りをいただいたのでご紹介します。
ゴーさんとお呼びします。

マタイ福音書7章21~23節。
「主よ、主よ」と言う者に向かってイエス様は
「『あなたたちのことは全然知らない。不法を働く者ども、わたしから離れ去れ』と言うであろう」、
ときっぱりおっしゃりました。
 
ガイドのコラムに、
「『わたしは洗礼を受けています。
わたしは毎週教会で礼拝を守っています。
わたしは献金しています。わたしは聖書を毎日読んでいます。
わたしは教会の奉仕をしています。
ですからあなたは、わたしを認めてくださいますよね。』
そのようにわたしは心の中で言う者です。
そのわたしにイエス様は『全然違う』とおっしゃる。」
とありました。
 
自分も全く同じで、きっとイエス様に「全然違う」と言われる者だと感じました。
「それなりにクリスチャンしている」と思うのは傲慢だなあ、と。
 
だいぶ前ですが、「歌声ペトラの風」という番組で、
関根牧師作詞でシンガーソングライター岩渕まことさん作曲の「冷たい水」という曲が流れました。
「主よ主よと叫んだ者が天国に行けるわけじゃない。
一杯の冷たい水を、名も知れぬあの人に運ぶあなたに豊かな報いがあるのです」
というような歌詞でした。
 
ぐさっときました。
私がしている神様への賛美は、本当に神様に向けたものなのか。
それとも自分への報いを計算に入れた賛美なのか。
そして、何の見返りも考えず、貴重な一杯の冷たい水を、
赤の他人に常に差し出すことができるのか。
今でもまったく自信がありません。

続きを読む>>(ブログ「よな子の夜な夜な話」へ)