通読はノルマじゃなくて…?

先日、いつもサイトをご覧くださっているかたからメールをいただいたのですが、件名を見てドキッとしちゃいました。
よなこさんへのお便り、通読はノルマじゃないと思います。」という件名なのです。

も、もしやこれは、「よな子さん、あなたの通読はノルマになってませんか!通読はノルマじゃないですよ!」というお叱りのメール???と、ドキドキしながらお読みしたら・・・

私の勘違いでした〜よかった〜(^o^;
ではでは、そのメールをご紹介しますね。

まろたんです。
FEBCのサイトを見ていると、聖書通読を推奨しているのはわかるのですが、そんな時間的余裕がない人にはちょっと負担になります。

自分は、FEBCのインターネット放送を毎日、一日分を通して聞くのが精一杯、余裕があれば、気になった番組のメッセージを帰宅途中に聞くくらいです。
 
なので、聖書通読は定年後の楽しみとしてとっておくつもりでした。
「でした」と書いたのは、ちょっと違う方法で聖書通読ならぬ聖書通聴をしようとしているのです。
私の友達が日本FEBCの聖書通読表に基づいて聖書を読み始めたようなので。
 
実は今からずっと前、聖書をまず聴くことから始めようと、mp3版新共同訳聖書のCDを買っていたのです。
しかし、買って満足してしまっていました。
 
まず創世記から黙示録まで通して聴いてみようと思い、只今、創世記の朗読を聴いています。
礼拝の聖書箇所で馴染みのある箇所もあり、まあ面白いです。
そんな感じで今はやっています。
 
通読はノルマじゃありません。
夏休みの宿題じゃないのですから、人それぞれのペースでよろしいんじゃないでしょうか。
ただし、人によっては計画表がないとやれない人もいますので、通読表は否定しませんけれど。
 
今はそんなところです。
よなこさんは聖書通読何回目なんでしょう?
私もいつかちゃんと読みたい!
では、ブログやサイトの更新楽しみにしていますね。

続きはこちら>>(続きはブログ「よな子の夜な夜な話」で)