ご感想をお寄せください


いただいたご感想は番組や印刷物、サイトで一部または全文をご紹介させていただく場合がございます。
ご感想を読む>>

このフォームからお寄せいただいたご感想には返信することができません。
お便り、お問合せはメールでお寄せください。

番組感想フォーム

リスナーの皆さまからのご感想


「自分だけじゃなく、神様の視点で」Echo of Voices(女性K様)

2/18の放送で、気づかせて頂きました。ヨハネによる福音書5章、これまで単純に受け止めていましたが、リスナーさんの疑問と、長倉さんの語られるのをお聞きしながら、自分だけの視点じゃなく、神様の側からの視点で、聖書も、実際の生活も見ていく事が大事であると…。
以前、教会で一緒にお祈りしたとき、よく奉仕される兄姉を、教会にとって大切な、と形容され、人間の尺度ってそうだなあ、私も時々そうだ、これって神様の目じゃないんだなあ、と思えました。

「神様の業」って、今、目に見えなかったり、今、解らなかったり…、でも、その方の内に、周りに、やがて、成される…。

今日2/19の「もっとイエスにぶつかる」で語られたことも、考えさせられました。「良くなるって、どういう事だろう」と疑問、私達に考える課題が残されたままのようでした。
自分の体験から思考も判断もしてしまいがちですが、最も弱い者の側に共にいてくださる神様を思いつつ、物事を見ていきたく思いました。

放送のページヘ>>


「この曲、忘れもしません…」主に向かって歌おう(ふく様)

飯先生のこの番組はいろいろな賛美歌を聴くことが出来て楽しみです。いつもありがとうございます。

2/12 2編223やすきよへいわよ
この曲、忘れもしません。
三十年前に某大学の管楽器専攻で受験した自由曲でした。楽器はチューバです。バッハとは知っていましたが、賛美歌になっているとは。
当時も今も礼拝では二編を使っておらず、もしも知っていたら、また吹き方も違ったかもしれません。大学は結局中退してしまいましたが、それも変わっていたかもしれません。
もっとも、当時の信仰は今よりさらに薄いのでそのような思いも無かったかもしれませんが。もしこの受験曲を深く知っていたら、もしも志望校ではなく○○大学を選んでいたら、もしも・・・。

時々思い出しては悔やむこともありましたが、今生かされていること、またどのような道を選び、たとえみこころではなくわたしのこころ優先で道を間違えても、やすきとへいわといこいを与えん主をうたいつつ、これからもあゆませていただきたいと願います。

放送のページヘ>>


「落ち込む毎日…勇気づけられました」Echo of Voices(みっちゃん様)

2月の「価値の無い自分でも生きていていいのか 」とゆうラジオをお聴きして、私自身落ちこむ毎日でしたので、勇気づけられました。
ありがとうございました。
また、FEBC聴きに来ます。

放送のページヘ>>


「今日は礼拝に行けませんでした」御足の跡を(コスモスの花様)

今日は、体調悪く、天気も悪く、礼拝に行けませんでした。
小池先生のラジオを聴くようになり、ますます教会に行くのが楽しみになっていたのに、残念です。

放送のページヘ>>


「携帯からやっと小池先生の声を」御足の跡を(コスモスの花様)

携帯から、やっと 小池先生の声を聞くコトができ、感謝です。
20年前に、青森県の教会で、受洗して頂き、色々ありましたが、 現在も、ブドウの木に繋がる生活をしております。
娘も、成人式を迎え、ホッとしております。
小池先生、これからも 健康に。お話し聞かせてくださいませ。

放送のページヘ>>


「仲間が語りかけるように…」Echo of Voices(オカシム様)

牧師でも先生でもなく、教会の仲間が語りかけるように、寄り添ってくださる長倉さん。
いつもありがとうございます。
「『こんな人生なんて』と思いながらでもいい、『生きろ』と神様が言ってくださっている」という言葉、私も励まされました。

放送のページヘ>>


「古代ロマンに満ちた巡礼記、何度も聴き…」霊性の源流を訪ねて(korin様)

1/21エゲリアの巡礼記より
主の十字架の道行きを追体験する。古代ロマンに満ちた巡礼記、何度もリピートして聴きました。
当時、幾多の困難を乗り越えながらエルサレムまで旅をされたのでしょう。
出来る事なら私もエルサレムへ行きたいと感じました。
もし、続編があれば放送して頂きたいと思います。

放送のページヘ>>


光を見るすべ(トマ様)

最近バプテスマを受けたクリスチャンです。教会や信仰書で語られる「神様はあなたを愛している」という優しいイメージにずっと納得できない思いを持っていました。
「愛してる」と言いながら神様は人間に喜びも苦しみも与えるし、災害も起こるし、過酷な環境で暮らしている人々から苦しみが取り除かれる気配は見えず、ヨブは理不尽な試練を与えられました。まるで暴力をふるわれながら愛してると言われるDV のようだと思ってしまいます。
神の愛とは人間には理解不能、神の聖も人間には異質なもので理解不能ゆえに恐ろしい、との説教、今までで一番腑に落ちました。ありがとうございます。

放送のページヘ>>


「神さまにガツンと一撃されたような」コーヒーブレイク・インタビュー(男性M様)

野原昭子さんのお話の番組
衝撃でした。
神さまにガツンと一撃されたような気持ちになりました。
タンコブができました。
痛くて泣いたのではありません。
いまも思いだして涙が溢れてくるのです。
ほんとうにありがとうございます。

放送のページヘ>>


「自分にも当てはまる悩みで」恵子の郵便ポスト(ポンポン様)

最近聴き始めました。
今日の放送は自分にも当てはまる悩みで、作業所で作業が出来ないとか墓参りはどうしたらいいのかを学ばせていただきました。

私は今3ヶ所目の作業所に2年半通っていて、その間プロテスタントの教会で一昨年7月に洗礼を受けて1年半が経ちます。
その2、3か月後に楽天で販売するポップコーンの製造や袋詰めの作業が始まりましたが、作業が1時間しか出来ず、自己嫌悪に陥っていました。
しかし恵子さんの、行く前に祈る、行けたり作業が少しでも出来たら感謝の祈りを捧げるという言葉を聞いて、すごく励まされました。

また父の墓参りもしばらく行ってないのですが、命日だけ行けばいい、墓参りは先祖を拝むのではなく先祖を創られた神様を拝むものだと聞き、今年から命日が近づいて来たら行こうと思います。
まだまだ悩みは尽きませんが、その時はまたメールさせていただきます。

放送のページヘ>>