ご感想をお寄せください


いただいたご感想は番組や印刷物、サイトで一部または全文をご紹介させていただく場合がございます。
ご感想を読む>>

このフォームからお寄せいただいたご感想には返信することができません。
お便り、お問合せはメールでお寄せください。

番組感想フォーム

リスナーの皆さまからのご感想


「神様、どうか共にいてください…」Echo of Voices(Peko様)

リスナーOさんのお便りが紹介され、ご自分を嘆き、神様が理解できない!と限界を感じつつも、神様の不思議な御愛の内に抱かれておられる事を感じました。
私も自分のありのままを見せられるとき、落胆どころではありません。
鬱を何年も患って来ました。
嘆き苦しむ中で、聖書の御言葉を通して癒されてきました。
またありのまま、思うままに神様に話す事も大事だと思わされています。

神様、どうか共にいてください…、Oさんに、そして私に、嘆き悲しみながら神様を呼び求める人々に…、そして神様の愛が私達を通しても、現れて来ます様に、祈ります。

Oさんを神様の愛で支え、慰め、力付けて下さいますように。

放送のページヘ>>


「ワクワクしてしまいます」全地よ、主をほめたたえよ(ワン。様)

いつも、感謝して聴いております。
日曜は、主日礼拝、そして、月曜は大好きな小池先生のラジオが放送される日。
ワクワクしてしまいます。

放送のページヘ>>


「幾度も読んだ福音書から更に深く神様を」福音を聞く―新約聖書への招き(くりこ様)

再放送してくださり(私は初めてです!)とても感謝です。
幸田司教の丁寧に、優しく語られるメッセージから、神様の全ての人に対する深い御愛が伝わってきます。
これまで幾度も読んできた福音書から、更に深く神様を知らされ、次の放送が楽しみです!

放送のページヘ>>


「私のメール…!ビックリと共に嬉しかったです」恵子の郵便ポスト(女性M様)

先日、吉崎さんのコーナーで私のメールをご紹介頂き本当にビックリと共にとても嬉しかったです!吉崎さんの仰る通りですね。しっかりと心に留めておきます。

私の通っている教会の講座で、 シスターは、赤ちゃんの様に全てを神様に委ねましょうと毎回お話しになります。簡単なようで難しいですね。
でも、出来るだけミサに与り神父様のお話しや聖歌を皆さんと共に歌い、ゆっくりと聖書のみ言葉を味わい、イエス様に近づいて行こうと思っています。

お友達になった方達はお祈りの仕方がなかなか分からないと言っていましたのでFEBCの放送を薦めました。
皆さん聴いて下さってますよ!いつも FEBCの放送は心強い信仰の支えです。
これからもよろしくお願い致します。

放送のページヘ>>


「正教会の厳しいイメージが変わりました」光、イイススというお方(korin様)

この番組を聴くまでは、正教会に厳しいイメージを持っていました。(アトス山のような……。)
でも松島神父様のお話は、とてもストレートで身近な内容で、イメージは変わりました。
私自身、勉強不足だったなあ、と感じました。

放送のページヘ>>


「いつかまた教会に行ける日が…」御足の跡を(メク様)

先日、献金できず教会に行けないと書いたものです。
今日は日曜、やはり行けませんでしでした。それでも ラジオを聴いて 心を落ち着けています。ありがとうございます。

そして、こんな私でも いつか、また教会に行ける日がくるかな?と思いながら ラジオを聴かせて頂きました。

放送のページヘ>>


「献金できず、教会から足が遠のき…」Echo of Voices(メク様)

いつも、ラジオ感謝して聴いております。
今日の放送で教会に同年代がいなく疎外感を感じでいらっしゃる方のお話がありましたが、私も同じで、最近、仕事を辞めて、家事をしているため、献金を用意できず、だんだんと 教会から足が遠のいてきてしまいました。
私のワガママなのはわかり切っていますが。
誰かに聴いてほしくて…ゴメンなさい。

放送のページヘ>>


「感動で涙しました」あなたの苦しみに、私もいるだろう―ヨハネの黙示録(C様)

神様は苦難の中で確かに働いて下さっています。
祈りに答えて下さり、この番組が示されました。
長く希望していた解き明かしです。感動で涙しました。
聴き続けます。感謝です!

放送のページヘ>>


「古今東西の賛美を楽しみに」主に向かって歌おう(ふく様)

飯先生のこの番組はいろいろな賛美歌を聴くことが出来て楽しみです。
いつもありがとうございます。

4/29 イースターの讃美歌(2)
奇遇ですね。「主の復活ハレルヤ」
この讃美歌、私たちの属する教会で「教会福音讃美歌」を2014年から使い始めていまして、今年初めてこの150番に収録されているこのタンザニアの讃美歌「主の復活ハレルヤ」を聖歌隊で歌いました。
なかなか新しい曲は礼拝では歌いにくいこともあり、聖歌隊が率先して奉唱に取り入れていく心構えでおりました。
飯先生が詳しく話してくださったのをメンバーにも聞かせてあげようと思います。なんと結婚式の踊りの歌だったのですね。4/21のイースターの週の土曜日には教会で結婚式がありました。なんだかいろいろとつながるので興味深くてメールさせてもらいました。

この教会福音讃美歌は古い曲も新しい曲もたくさんはいっているのでこういう曲を取り扱ってくださるのはうれしく思います。
これからも古今東西の賛美を楽しみにしています。

放送のページヘ>>


「私も長年カルトに…しかし神様は…」恵子の郵便ポスト(女性K様)

毎日、毎月便を楽しみに聴いてます。 一日三時間以上は聴いてます。

4月の毎月便で特によかったと思ったのは四日の恵子さんの郵便ポストです。
私も同じ経験をしてまして、長年カルトにひっかかってました。しかし神様はそのことを通して家族そろって洗礼を受ける恵みを与えてくださいました。母が洗脳されていたので、本物の神様のところへ行こうと、主人がミッションスクールの教員の関係でイエス様が招いてくださったのです。感謝しても感謝しきれないほどのお恵みです。
投稿された女性もご主人の理解が得られますように祈ります。すべての人が救われますように、心から祈ります。FEBC放送が続きますように。私はこの放送によってずいぶん信仰が養われています。恵子さんのアドバイスが素晴らしいです。優しい語りと控えめだけどしっかりとした意見にありがたく聴いています。

4月から英神父様「風を感じて」が楽しみです。 関川泰寛先生の「讃美を生きる」もとても勉強になります。

放送のページヘ>>