旧約聖書のこころ第39回

39「栄える」~動詞サーハル~
イザヤ52:13~53:12

(38「『負われ』~動詞アーマース~」はこちら>>


聴取期限1/7
(約22分)

 

聖書解説 ↑画像クリックで拡大表示します

 

今回のまとめ

●苦難のしもべの歌は大きく3つの段落に分けることができ、今回はその序段として、神がしもべの苦難を総括的に語っている箇所を取り扱う
サーハル:旧約聖書に60回用いられている。「見る」「考えさせる」「栄える」などの意味を持つ。
●「栄え」の道をつくる神の計画とは、一体どういうものなのかという事が預言されている。

 

ナガクラさんとナカガワくん

ナカガワ
栄光というと、その字の通り明るく光り輝いている感覚だったんですけど…

 

ナガクラ
どちらかといえば、逆のおどろおどろしい雰囲気だよね。

 

ナカガワ
でも、こういったものが本来の「神の栄光」の姿なわけですよねえ。

 

ナガクラ
「近寄りがたい」とかのレベルでなく、「おののく」ってね。やっぱり僕達のイメージにはないところだとおもう。

 

ナカガワ
十字架は神の栄光のしるしだ!なんて言いますけど…
自分は果たしてそれを前にして「おののく」事があったかなあ…

 

ナガクラ
じゃあなんで、今の僕達は「おののいて」いないんだろうね。逆に。

 

ナカガワ
うーん、この聖書箇所を踏まえれば…
このお方がしてくださった事がしっかりとわかっていないから…ですかね?

 

ナガクラ
というよりも、なぜこのお方がこんな姿になる必要があったのか、ということかな。

 

ナカガワ
あ!つまり…私の罪…ですね。

 

ナガクラ
その気づきをこそ、イザヤは預言の中で求めていた気がするなあ。