新たにされる日

今年の聖霊降臨日は5月20日ですね。
イースターから50日目に、キリストの弟子たちに聖霊が下り、教会が誕生した日。
この特別な日、実はさかのぼると古くから重要な祝日だったのですね。

旧約時代では、過越しの日から50日後に、
新しい穀物の収穫を神殿に捧げる大きな祝日。

また、モーセがシナイ山で十戒を与えられた日として、
昔の契約を新たにするという祝日。

「ちょうどその日に、聖霊降臨の不思議な日を迎えることになります。」
と、橋本周子先生は語られます。

「神は愛に満ちた霊を送って下さいました。
その霊は全地に満ち、地は新たになる。
それはあの時の出来事だけではなく、
今日も、霊は刻々と私たちを新たにしてくれるのです。」

旧約の時代から新しさを祝う日として受け継がれてきた日が、
ついには全地が新たにされる日となった…。

そんな計り知れない神様の愛の霊が、
今、私たちにも注がれて、日々新たにしていただける…
恐れ多くも、そう信じてよいのですね。

グレゴリオ聖歌の澄み切った歌声を聴きながら、
「御霊よ、来て下さい」と祈りを合わせたいと思います。


神からのメッセージ―グレゴリオ聖歌
橋本周子(聖グレゴリオの家・宗教音楽研究所所長)
第2〜5日曜更新
「聖霊降臨日」

番組を聴く>>
番組のご感想をお待ちしています>>