北海道聖書学院

北海道札幌市にある北海道聖書学院。
こちらで学ぶ神学生へのインタビューをお届けします。

4/6武田良美様

4/13百 古楽様

4/20村田光希様

 

*神学校のご案内*

北海道聖書学院は、1963年に夜間聖書学校として設立。翌1964年に伝道者養成機関として国際福音宣教会(OMF)の援助のもとに運営をスタートしました。現在では特定の教派や教団には属さず、福音主義をとる様々な各派教会の教職者を育成しています。

「聖書信仰」「聖潔」「実践」この三本の柱を中心に据えて、その時々に流行る神学ではなく、現場で福音を語るべき時に本当に必要となる実践的な学びを重視しています。

 

*松元潤校長にお話を伺いました*

三年間の学びの集大成はやはり説教に表れると思っているのですが、いつも学生たちに言っている事があります。ある人にとっては教会に来ることはさほど苦な事ではない。しかし、身体の弱い人、あるいは遠方に住む人、ご高齢の人。教会に行けるかどうか、という人がそれでも教会に来られるんですよね。その目的は何かといえば、自分の生きる糧である御言葉を聞きに来るわけです。色んな犠牲が払われ、そこに来ている人たちを説教では前にする。ですからそこで自分もいのちを懸けて準備し、語らねばならないと。

学院の初期創設者のアーサー・レイノルズ宣教師は、「この学院の建物には、十字架はありません。ですから学生たち一人ひとりの中にキリストの十字架が刻まれていくことが願いです」とおっしゃっているんですね。釈義やテクニカルなものではなく、具体的な問題にぶつかる中で、本当に御言葉に向き合い、問われるという経験を通して、霊的な事柄が伝わることを祈り願っています。

*お問合せ先*

北海道聖書学院では、伝道者として生涯を献げる入学生を募集しています。
また、深く聖書やキリスト教の歴史を学ぶための信徒コースも併設しています。
詳細は下記へお問合せください。

北海道聖書学院
〒003-083 1北海道札幌市白石区北郷一条3-1-61
Tel. 011-871-7892
ホームページ>>