「囲いの外」の主との対話

〈番組より〉
確かに今、ウィズ・コロナ、ポスト・コロナと言われ、パラダイムシフトが必要なんだと言われています。それはまさしくそうだと思うんです。…しかし、逆に言うと教会は、いつもそのような社会の課題の只中に置かれてきたのではないかとも思っていて、私たちが気づかなかったとか、あるいは見えなくされてきたそうした事が、今、はっきりと見えたり感じたりさせられてきたということではないでしょうか。(石居基夫氏)


第5回 2020年10月9日放送
「囲いの外」の主との対話

石居基夫(日本福音ルーテル教会牧師、ルーテル学院大学学長)
聞き手:長倉崇宣


(約50分)

番組のご感想をぜひお寄せください>>


〈ご出演者プロフィール〉
石居基夫(いしい もとお)
東京都立大学人文学部人文科学科卒業。
日本ルーテル神学大学(現ルーテル学院大学)・神学校卒。
米国ルーサー神学校博士課程修了。神学博士。日本福音ルーテル教会牧師。

●著書
『ルターを学ぶ人のために』(共著)他

●ホームページ
石居先生のブログ:http://mishii-luther-ac.blogspot.com/
ルーテル学院大学:http://www.luther.ac.jp/

●FEBCライブラリ
神が問われる―私たちの対話的教義学講座1・2>>
いちじく桑の木登り―わたしの教理問答―>>
魂のゆくえ―日本人の死生観と福音理解―>>
魂のゆくえ―今、みことばに聴いて―>>
FEBC特別番組「今日を問う」今、自殺と向き合う/救いをキリストにゆだねて/死を願う人たちと共に/>>
死に向かい合う―キリスト教が語る真の慰め―>>