20年以上離れていましたが その時、何故か神様が…!

リスナーの声、あなたの思い

20年以上離れていましたが その時、何故か神様が…! 8/1 

番組「恵子の郵便ポスト」より

私は昨年夏に洗礼に与った新人信徒です。ミッションスクールで学んだ後、キリスト教から20年以上離れていましたが、辛いことが続き、人生の暗闇に耐えかねていた時、何故かわからないのですが、「私のもとに帰ってきなさい」という神様からのメッセージを受け取ったのです。
 
聖書はホコリを被っていて、読むのも20年ぶり。今まさに、一言一言に心の目が開かれているのを感じ、ヨハネ1章が私へのメッセージとして迫ってきます。
 
肉となって私たちの間に宿ってくださったイエス様。この方が、何もかも嫌になり、自分の人生をやめてしまおうかと思い詰めていた時、「私についてきなさい、恐れることはない」と手を差し伸べてくださり、神様の存在さえ忘れていた私が、再び、イエス様に出会ったのです。まだ読み始めたばかりですが、これから始まるイエス様との旅路が楽しみで仕方ありません。毎日辛くやり切れないことばかりですが、イエス様に「どうしたらいいでしょうか」と自分を委ねていきたいです。
 

あなたの思いも、ぜひお寄せください。

  • メール post@febcjp.com
  • お手紙 〒180-8691 武蔵野支店郵便私書箱36号 FEBC


Tea Roomのご案内

聖書で知る 本当の自分

思いを言葉にするって難しいですよね。
聖書通信講座 Tea Room は、FEBCのスタッフとお便りを交換しながら一緒に聖書のことばに向かい合い、あなたの言葉にならない思いを言葉にしていくユニークな講座です。ぜひ、参加してみませんか?