自分には何もないことに…

洗礼を受けても何も変わらない
祈っても何も変わらない
聖書に書かれているような奇跡は自分には何も起こらない

今日の「恵子の郵便ポスト」のお便りのかたのこの嘆きは、私たちの多くが心に抱いたことのある嘆き・・・
いえ、もしかすると今もいつも、本当は心の奥底にある思いなのかもしれません。

それを真正面から訴えてこられたこのかたのお便り、その中の
「誰でも深みに降りていけば、自分には何もないことに気がつくのではないでしょうか。」
というこの言葉に、自分自身のことを言い当てられたようで、ドキッとします。

本当は何もない自分。
信仰すらない自分。
それに気づくのが恐ろしくて、心の奥底の嘆きも押し殺してしまう。

でも、そこに、既に降りてくださったかたがおられる。
それなら、私は今どうしたらいいのでしょう・・・。

番組を聴く>> このお便りを読む>>

番組をお聴きくださってお感じになったことなどぜひコメントをお寄せください。
お待ちしています。

続きを読む →