そういうお話ではありません

今回の「聴く信仰―『いのち』をいただく御言葉黙想」では、
山内十束神父と共に、マタイによる福音書20章1節から16節の言葉を味わいます。

「天の国は次のようにたとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけて行った。主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、『あなたたちもぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払ってやろう』と言った。… 」

ご存知の方も多い聖書箇所だと思います。
そして、単に有名というだけでなく、どこかスッキリしないお話として、
印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

それは何故か。
このぶどう園の主人は、引用した箇所のように
人を見かけ次第、農園に雇っていきます。

しかし、その日の業務が終わって
いざ給料を渡す時になったのですが、
朝早くから働いていた人も、業務終了ギリギリに雇われた人も、
その日の日当が全く同じだったというのです。

当然、一部から沸き起こる不平の声。
そこに主人はこのように返答します。

「友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。」

こう言われてしまうと、道理としては確かにぐうの音も出ないし、そうだよなあ〜とも思うんですが、
でも同時に、なんとなく承服しかねる感じもずっとあるんですよね…
みなさんは、どうでしょうか。

さて今回は、この「スッキリしない感」
まさにそこに山内神父様が切り込んでくださったように思います。

「この例え話は、公正、不公平の話をしているのではありません。」

え〜っ、そういうテーマの話じゃないの??
そもそもズレてたらそれはスッキリしようもないかあ、って(笑)
私は、改めて自分の聖書の読み方を考えさせられました。

本当に御言葉からいのちをいただくために。
何を見つめるべきか、何をこそ聴くべきか。
ぜひ、ご一緒にこの放送をお聞きくださいましたら幸いです。


聴く信仰―「いのち」をいただく御言葉黙想
第24回「真心の一デナリオン」
山内十束(カトリック・御受難修道会、宝塚黙想の家司祭)
9月13日放送

聴取期限10/10
(約22分)
※当番組だけをお聴きになる場合はチャプター機能をご利用ください。
詳しくはこちら>>

番組のご感想をぜひお寄せください>>