「信頼してもよいのでしょうか。」

「恵子の郵便ポスト」、今回はこのようなメールをリスナーの方から頂きました。

受洗前に患った不安神経症がストレスが重なると再発してしまうのです。…実は自殺寸前までパニック、破れかぶれになり…苦しみの中で主もご一緒に苦しんでくださっている、とはよく聞きますが、しかしそれでは実質苦しいまま好転しないのでは?と思ってしまいます。すでに勝利された主に委ねる、この信頼に立てないから私は繰り返し教えられてきたのでしょうか。信頼してもよいのでしょうか…

まず、祈りが終わってからの
「信頼しきるのです!」という言葉。
自分もリスナーの一人として、
このストレートな吉崎さんの返答が聞けてよかった、と思いました。

「信頼したほうがいいかもしれませんねえ〜」
「そのほうが良さそうですね〜」
これじゃダメなんだと感じます。

でもそれは、吉崎さんがスゴイというよりも、
まさに「すでに勝利された主」その方に委ねているから
言葉に予防線をはらなくていいんだな…
と改めて思わされています。

コロナウイルスが大変に流行り、情報も錯綜し、
何を信頼してよいのかいよいよわからなくなってきた、今。
本当に頼るべきものを
こころから求めていきたいです。


恵子の郵便ポスト
吉崎恵子(FEBCメイン・パーソナリティー)
3月23日放送

聴取期限4/5(約10分)
番組のご感想をお待ちしています>>