投稿

クリスマスの喜び

マルチン・ルターの『キリスト者の自由』(再)   徳善 義和(日本福音ルーテル教会牧師、日本ルーテル神学校名誉教授) 石居 基夫( 日本福音ルーテル教会牧師、ルーテル学院大学学長) 吉崎恵子(FEBCメイン・パーソナリティ) 12月2日(金)放送 第3回「マルチン・ルターの 『「マグニフィカート」ーマリアの讃歌』」 FEBC月刊誌2022年12月増刊号記事より ・・・ 「わたしの魂は主をあがめ、 わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。 身分の低いこの主のはしためにも 目を留めてくださったからです。 今から後、いつの世の人も わたしを幸いな者と言うでしょう、 力ある方が、 わたしに偉大なことをなさいましたから。 その御名は尊く、 その憐れみは代々に限りなく、 主を畏れる者に及びます。 主はその腕で力を振るい、 思い上がる者を打ち散らし、 権力ある者をその座から引き降ろし、 身分の低い者を高く上げ、 飢えた人を良い物で満たし、 富める者を空腹のまま追い返されます。 その僕イスラエルを受け入れて、 憐れみをお忘れになりません、 わたしたちの先祖におっしゃったとおり、 アブラハムとその子孫に対してとこしえに。」 (ルカによる福音書1:47~55)     これは、イエスの誕生の予告を受けたマリアが、親族であるエリサベトを訪ねた際に歌ったもので、「マリアの讃歌」と呼ばれ、教会の伝統では「マグニフィカート」と言い表されます。これはラテン語で「崇める」という意味を持ち、更に原語をたどっていきますと、「大きくする」、つまり「私の魂が、主を大きくするように」というニュアンスが込められています。逆に言うと、それは「自分がその大きな主の前で小さくなるように」という思いを含んでいると言えるでしょう。    ルターは「キリスト者の自由」の後すぐに、この「マグニフィカート」に関する執筆に取りかかったと思われます。丁度それは、彼がカトリック教会から破門されてしまった1521年の1月の頃でした。中世ヨーロッパでは教会から破門されるということは、社会的にも政治的にも葬り去られることと同じです。しかし、ほとんどそういうこと感じさせない内容なのです。淡々とした、或いはもうひたすらそうい

今日の放送 11/29(火)

今日の放送 11/28(月)

今週のゲストの放送予定 12/3

今日の放送 11/27(日)

今日の放送 11/26(土)

今日の放送 11/25(金)

今日の放送 11/24(木)

今日の放送 11/23(水)

母が召され今、様々な想いの中で

今日の放送 11/22(火)